Amafeeの使い方を完全マスター!

Amafeeの使い方を完全マスター!

利益計算を暗算でやるのはむずかしいですし、面倒ですよね。

 

なにより転売活動の生命線でもあるので、ミスが許されません。

 

そこで今回は利益計算の優れもの「Amafeeの使い方」について、

 

・Amafeeとは何か?

・FBAシミュとの違いはどこか?

・Amafeeの使い方

・損益分岐点の活用方法

 

の4つのポイントを解説していきます。

 

利益計算は、“あなたが儲けられるか”を決める重要なファクターです。

 

ぜひ、Amafeeのような「効率的で正確なツール」を選んでください!

 

Amafeeとは?

 

A complete master of how to use Amafee!2

 

Amafeeとは手数料を自動計算してくれるツール(Webサイト)です

 

FBAシミュレーターのようにAmazon公式ではなく、有志で作られたサイトです。

 

一言でいうと「かなり便利なサイト」で、その“シンプルさ”に愛用している方が多くいます。

 

むしろ、FBAシミュレータではなくAmafeeを使ったほうが効率的なケースもあると思います。

 

それほど使いやすいってことですね。

 

A complete master of how to use Amafee!3

 

 

サイトのTOP画面はこのようになっていて、一昔前のガラケーサイト感があります。

 

ですが、ハッキリ言って“コンテンツ”としてのクオリティーは本物です。

 

必要最低限のモノがわかりやすく、見やすく、クリックしやすく配置されており、ものの数十秒で利益の計算が完了します。

 

FBAシミュレーターとの違い

 

A complete master of how to use Amafee!4

 

FBAシミュレーターとの一番大きな違いは2点あります。

 

1つ目が「ASINやJANコードを入力しなくてOK!」という点です。

 

FBAシミュレーターを使っていると、利益だけ知りたいのにコードを入力しなければいけない手間に悩まさます。

 

A complete master of how to use Amafee!5

 

 

シミュレーターの仕様的に、商品を選択しないと利益計算ができず不便ですよね。

 

1つや2つの商品ならまだしも、10以上の商品をサーチするときなら尚更不便だと思います。

 

たまに、JANコードでは検索結果に出てこないモノもあり、若干ストレスがたまります。

 

ASINだとちゃんと出てくるんですが、ASINは探すのが面倒なケースが多いんです。

 

ですので、「利益だけ」を知りたいケースはAmafeeを使ってください。

 

そのほうが圧倒的に早いからです。

 

続いて2つ目が「スマホでの操作性の良さ」で、こちらもAmafeeに軍配が上がります。

 

A complete master of how to use Amafee!6

 

このように、スマホでFBAシミュレーターを直URLで開くと、機種によってはレイアウトが崩れるんですね。

 

しかも操作不能なほどにです。

 

Amazonセラーアプリを使えば解決するのですが、このケースでもAmafeeを使ったほうが早いでしょう。

 

Amafeeの使い方をカンタンに解説!

 

A complete master of how to use Amafee!7

 

Amafeeの使い方はとってもカンタンで、以下の3ステップを踏むだけです。

 

①価格などの必要項目を埋める

②該当するカテゴリーを選ぶ

③シミュレート結果を確認する

 

ひとつずつ順を追ってみていきましょう。

 

A complete master of how to use Amafee!8

 

今回は例として、こちらのハンドミキサーを「3000円仕入れ」の「10000円販売」という設定で解説していきます。

 

①価格などの必要項目を埋める

 

A complete master of how to use Amafee!9

 

まずは、TOP画面から「仕入値」「想定売価」を入力します。

 

続いて、サイズ・出品者形態・発送方法を選んでください。

 

今回は、標準サイズ・大口出品・自己発送にしています。

 

②該当するカテゴリーを選ぶ

 

A complete master of how to use Amafee!10

 

すぐ下にカテゴリーがズラッと並んでいるので、ここから該当するものを選びます。

 

ハンドミキサーは「家電・カメラ」のカテゴリーなので、赤丸の部分をクリックします。

 

③シミュレート結果を確認する

 

A complete master of how to use Amafee!11

 

そうすると、このような結果ページに移動するので、利益を確認します。

 

今回は、「想定売価ー仕入値ー手数料=5920円」となりました。

 

ただし、配送を自己発送としたので、ここから暗算で送料を組み込みます。

 

自己発送だと、だいたい300〜1000円になると思うので、カンタンに計算できますね。

 

A complete master of how to use Amafee!12

 

もしFBA発送を選択すると、このようにしっかりと手数料が変わっています。

 

ここにはあなたの自宅からFBAへの送料が組み込まれていないので、自己発送と同じく暗算してください。

 

Amafeeの損益分岐点を使いこなそう!

 

A complete master of how to use Amafee!13

 

Amafeeには、シミュレート結果のひとつに「損益分岐点」という項目があります。

 

損益分岐点とは、いくらで売り抜けられれば“プラマイゼロ”になるかのポイントです。

 

100円で仕入れたモノなら、100円で売れればプラマイゼロですよね(手数料などは考慮せず)。

 

A complete master of how to use Amafee!14

 

ちなみに、先ほどのハンドミキサーの例(自己発送)だと、こうなっています。

 

送料はここから暗算しなければいけないのは同じですね。

 

赤枠の上段は「仕入値」に対する損益分岐点で、基本的にはこちらを参照し、下段は無視してください。

 

実践的には、この3363円という価格をみて、「最悪この値段ならすぐ捌けそうだな……」と思えるかがキーポイントです。

 

これはモノレートなどの情報から読み取ってください。

 

もし、損益分岐点での価格がすぐに売れそうなら、あなたの目の前にある商品は仕入れ対象です。

 

なぜなら、利益が出る可能性が高いからです。

 

基本的に転売では、「利益が出やすい=損切りしやすい」となるので、覚えておいてください。

 

反対に、「利益が出ずらい(薄利)=損切りしづらい」となります。

 

ですので、初心者のうちは薄利を狙うより、余裕を持った利益を求めるべきなんですね。

 

そのときに役立つのがAmafeeというワケです。

 

まとめ

 

A complete master of how to use Amafee!15

 

今回は「Amafeeの使い方」について、

 

・Amafeeが何かの解説

・FBAシミュとの相違点

・使い方の解説

・Amafeeの損益分岐点の利用方法

 

の4つのポイントをお話しました。

 

利益計算は“全てが掛っている”と言えるほど大切なプロセスです。

 

逆にここさえ間違わなければ、だいたい儲かるとも言えますね。

 

だからこそ、利益計算を「速く」「正確に」できるツールは重要というワケです。

 

合う合わないはありますが、ぜひ一度Amafeeの使いごこちは試しておいてください!

物販カテゴリの最新記事