Amazon seller 見方と概要を解説!

Amazon seller 見方と概要を解説!

今回は「Amazonセラーセントラル」について、

 

・Amazonセラーセントラルとは何か?

・Amazonセラーセントラルはどう見ればいい?

・初心者が覚えるべきポイントは?

 

という3つのポイントを解説していきます。

 

Amazonせどり(転売)が初めての方は、まずセラーセントラルの見方(使い方)を覚えてください。

 

とても良くできているので、しっかり覚えれば“販売活動”がとてもスムーズになります。

 

では、Amazon販売の要「セラーセントラル」の“見方”を学んでいきましょう!

 

素晴らしいサイト!Amazonセラーセントラルとは?

 

amazon-seller-commentary-on-view-and-overview2

 

Amazonセラーセントラルとは、Amazonを通じた販売業務を、クリックひとつで動かせるサイトです。

 

商品登録から発送の連絡、お客さんとのやりとりまでを包括的におこなえます。

 

ひとつひとつのボタン配置から、シンプルさ溢れるデザインまで、“さすがAmazon”と言えるほどに洗練されていますね。

 

このサイトを使いづらいと思っているセラーはほとんどいないのではないでしょうか。

 

もちろん「Amazon」が作っており、セラーのニーズをくみとって何度も改善されてきました。

 

たとえば、昔のネットショップサイトは「戻る(←)」を押したら、エラー画面が出ていましたよね?

 

今でも大手銀行のネットサービスは、そうなるはずです。

 

大きなお金を扱うので、2重読み込みなどのエラーを出したくないからです。

 

しかし、Amazonはネットショップでもセラーセントラルでも、いち早くこの点を改善しました。

 

前のページに戻りたければ、「戻る(←)」を押すだけOKです。

 

今では当たり前な機能も、数年前に採用しているのはAmazonだけでした。

 

このように、ユーザーの使いやすさを重視したサイトが「Amazonセラーセントラル」というワケです。

 

Amazonセラーセントラルがなければ、今以上に販売のハードルが上がっていたに違いありません。

 

Amazonセラーセントラルの見方(使い方)〜その1〜

 

amazon-seller-commentary-on-view-and-overview3

 

セラーセントラル がどれだけ使いやすくても、初心者のうちはわからないことだらけです。

 

ですので、まずはAmazonセラーセントラル全体の見方を学んでいきましょう。

 

amazon-seller-commentary-on-view-and-overview4

 

Googleで「Amazonセラーセントラル」と検索すると、ログイン画面が出てきます。

 

ここでは登録した出品者用アカウントのメールアドレスとパスワードを入力してください。

 

amazon-seller-commentary-on-view-and-overview5

 

こちらがセラーセントラルのTOP画面です。

 

Amazonで販売するなら、幾度となくログインするのでブックマークしておきましょう

 

amazon-seller-commentary-on-view-and-overview6

 

画面の上にあるナビゲーションに「カタログ」「在庫」「注文」「ストアフロント」「レポート」「パフォーマンス」があります。

 

特によく利用する「在庫」「注文」の使い方は、しっかり理解しておきましょう。

 

amazon-seller-commentary-on-view-and-overview7

 

また、こちらの「注文管理」は出品後の発送、返品手続きなどの“すぐにやるべきこと”を教えてくれます。

 

いわゆるToDoリストのようなもので、赤枠の数値が1以上ならばすぐに対応しましょう。

 

商品を出品した後、この欄をみていれば大きなミスはおきません。

 

Amazonセラーセントラルの見方(使い方)〜その2〜

 

amazon-seller-commentary-on-view-and-overview8

 

続いて、メインで使う「在庫」「注文」をもっと詳しく見ていきましょう。

 

amazon-seller-commentary-on-view-and-overview9

 

「在庫」をクリックすると、いくつかの項目があらわれます。

 

この中ですぐに覚えるべきものは、

 

・在庫管理

・商品登録

 

の2つです。

 

“商品登録”では出品するために、Amazonセラーセントラルへ商品を登録していきます。

 

今から、Amazonで「この商品を販売しますよ!」という、下準備のようなものですね。

 

ここで登録した商品は、在庫が0になっても「在庫なし」の状態で保存されます。

 

再び商品を仕入れられたら、在庫を0から1にすればOKです。

amazon-seller-commentary-on-view-and-overview10

 

“在庫管理”は商品登録したモノがズラッとリスト化されたページです。

 

この画面では登録した商品のさまざまな操作ができます。

 

amazon-seller-commentary-on-view-and-overview11

 

たとえば、在庫数の変更をするときはこちらから操作します。

 

FBAへ納品したり、出品を停止したりした場合もこちらから操作してください。

 

Amazonセラーセントラルの見方(使い方)〜その3〜

 

amazon-seller-commentary-on-view-and-overview12

 

そのほか「①パフォーマンス」「②重要なお知らせ」「③決済情報」の見方も覚えておきましょう。

 

amazon-seller-commentary-on-view-and-overview13

 

「①パフォーマンス」はお客さんからのメッセージや各種申請があるときに、通知してくれます。

 

緊急性が高い項目ですので、ゼロになっていなければすぐに対応してください。

 

「②重要なお知らせ」はAmazonからセラーへのニュースです。

 

AmazonではFBA倉庫の受領ミスがたまに起こります。

 

メールでもお知らせがきますが、こちらのニュースも確認しておきましょう。

 

「③決済情報」はAmazonからの入金予定額が表示されます。

 

売上から経費(大口の月額手数料など)を差し引いた額になっているはずです。

 

より詳しい情報を見たい場合は、下にある「支払いの概要を表示」をクリックしてください。

 

この3つはセラーセントラル にログインするたびに、軽くチェックしておくことをオススメします!

まとめ

 

amazon-seller-commentary-on-view-and-overview14

 

今回は「Amazonセラーセントラル」について、

 

・Amazonセラーセントラルの概要

・見方と使い方

・初心者が覚えるべきポイント

 

の3つのポイントを解説しました。

 

Amazonせどり(転売)をするなら、セラーセントラルの使い方をしっかり覚えましょう!

 

操作のほとんが直感的でわかりやすくなっているので、大きく迷うことはないはずです。

 

もしわからなければヘルプで検索したり、ネットで検索すればだいたいは解決します。

 

また、Amazonセラーセントラルは販売レポートなど、高度な情報も見れます。

 

別途記事にて解説しているので、ご参照ください。

Amazonカテゴリの最新記事