AmazonFBAマルチチャンネル 無地ダンボール対応倉庫一覧。

AmazonFBAマルチチャンネル 無地ダンボール対応倉庫一覧。

今回は「AmazonFBAマルチチャンネル」について、

 

・無地ダンボール対応倉庫一覧

・無地ダンボールの設定方法

・そもそもマルチチャンネルとは?(初心者向け)

 

の3つのポイントを解説していきます。

 

配送の代行は、仕入れができる人ならできる限りやるべきでしょう。

 

なぜなら、そのほうが儲けられるからです。

 

そしてそのときは、今回の「FBA無地ダンボールでの配送サービス」も、選択肢のひとつにしてください!

 

AmazonFBAの無地ダンボール対応倉庫一覧

 

AmazonFBA multi-channel plain corrugated cardboard compatible warehouse list2

 

Amazonが公式に発表している、無地ダンボールでの出荷に対応しているフルフィルメントセンタは以下の13箇所です。

 

・小田原FC(神奈川 FSZ1)

・多治見FC (愛知NGO2)

・川島FC(埼玉 HND3)

・大東FC(大阪 KIX2)

・川越FC(埼玉 NRT5)

・市川FC(千葉 NRT1)

・堺FC(大阪 KIX1)

・八千代FC(千葉 NRT2)

・鳥栖FC(佐賀 HSG1)

・八王子FC(東京 HND8)

・藤井寺FC(大阪 KIX4)

・高槻FC(大阪 TPF3)

・印西FC(千葉 TPF6)

(2018年7月11日時点)

 

昔から考えるとかなり増えましたね。

 

少し前まで、片手で数えられるほどしかなかったので、やはり無地のニーズは高いのでしょう。

 

「他社のロゴ入りダンボールは使用不可」というルールの販売経路もあるので、今までは不便に感じていた方も多いはずです。

 

ですが、これからは上記の13箇所のAmazonFBA倉庫で、マルチチャンネルの無地ダンボールが対応し、より便利になりました。

 

AmazonFBAの無地ダンボールの設定方法

 

AmazonFBA multi-channel plain corrugated cardboard compatible warehouse list3

 

Amazonマルチチャンネルを、無地ダンボールでの出荷に変更するには以下の手順を踏みましょう。

 

AmazonFBA multi-channel plain corrugated cardboard compatible warehouse list4

 

 

セラーセントラルTOPから、ヘルプをクリックして「無地」とキーワード検索をかけます。

 

AmazonFBA multi-channel plain corrugated cardboard compatible warehouse list5

 

そうすると、「FBAマルチチャネルサービス 無地ダンボールでの出荷対応と納品書について」というヘルプページがあるので、クリックして開きます。

 

AmazonFBA multi-channel plain corrugated cardboard compatible warehouse list6

 

 

ページ内に「jp-fba-mcf@amazon.com」へメールすれば、無地ダンボールの対応手続きをする旨があるので、従ってメールを送信します。

 

AmazonFBA multi-channel plain corrugated cardboard compatible warehouse list7

 

¥このとき、送るべき文章のテンプレートリンクが同ページ内にあるので、それをコピペして送ってください。

 

なぜか、この手続きだけすごく原始的な方法ですが、システムが古いのでしょうか。

 

メール送信での設定完了に、不安があるかもしれませんが、送信できて入れば「設定完了」の返信が来るので安心してください。

 

「無地ダンボールの設定方法」は以上です。

 

続いて、“マルチチャンネル”について、初心者向けに解説しますので、よく知らないという方は読んでおきましょう。

 

「AmazonFBAのマルチチャンネル」をカンタンに理解しよう!

 

AmazonFBA multi-channel plain corrugated cardboard compatible warehouse list8

 

ここからはマルチチャンネルから、無地ダンボールの意味を知らない方向けに、カンタンに解説していきます。

 

まず、Amazonマルチチャンネルとは「Amazon以外で売れたモノでもFBAで出荷しますよ!」というサービスです。

 

たとえば、BASEなどの個人で作ったECサイトで売れたときは、AmazonFBAにその在庫があるなら直送ができます。

 

人によってはかなり便利なサービスですよね。

 

もちろん商品の出荷だけでなく在庫管理までを、Amazonが代行してくれます

 

面倒な初期設定や固定費は一切不要で、必要なのは配送時の「配送代行手数料」と「在庫保管手数料」だけです。

 

AmazonFBAで普通にモノを売っているときと、同じようなものと考えてください。

 

配送代行料金は、だいたい400円〜700円くらいです。

 

マルチチャンネルのメリットとは?

 

AmazonFBA multi-channel plain corrugated cardboard compatible warehouse list9

 

Amazonマルチチャンネルのいいところは、配送の自動化ができる点です。

 

たとえば、同じ商品を1000個仕入れて、毎日20個ずつ売れるなら、普通は外注化しないと事業として回りません。

 

気合いで回すことはできるのですが、それは非効率的なやり方でしょう。

 

なぜなら、あなたがやるべきことは「配送」ではなく「仕入れ」だからです。

 

「配送」は言ってしまえば、“誰でもできること”ですが、「仕入れ」はできる人が限られます。

 

平たく言えば、学んでない人は仕入れができないというワケです。

 

ですので、あなたが物販を学び、しっかり稼げるようになったら、やるべきことは「配送」ではなく「仕入れ」です。

 

Amazonマルチチャンネルは、その外注化の選択肢のひとつなんですね。

 

規模的に少し大きめでないと、コスパが悪くなりやすいので、初心者の方だとまだ先の話ですが、頭の片隅で覚えておきましょう。

 

まとめ

 

AmazonFBA multi-channel plain corrugated cardboard compatible warehouse list10

 

今回は「FBAの無地ダンボール」を題材に、

 

・AmazonFBAで対応している倉庫

・対応してもらうための申請方法

・そもそもマルチチャンネルとは?

 

の3つのポイントをお話しました。

 

利用者ならご存知のとおり、Amazonは配送クオリティーがとても高いです。

 

そのため、購入者からすればAmazonから送ってもらった方が、到着が早く嬉しいでしょう。

 

さらに今までは少なかった、無地ダンボールの対応倉庫がここまで増えました。

 

ですので、配送代行手数料の折り合えさえつけば、ぜひAmazonマルチチャンネルを対応倉庫にて使ってください!

Amazonカテゴリの最新記事