【上級者向け】中国輸入OEM稼げるのか?

【上級者向け】中国輸入OEM稼げるのか?

今回は「中国輸入OEM」について、

 

・中国輸入OEMとは何か?

・中国輸入OEMのメリットとは?

・中国輸入OEMのデメリットとは?

・Amazonでどう出品するのか?

 

の4つの疑問について解説します。

 

“OEM”は物販ビジネスのなかで、もっとも大きな利益があげられます。

 

一般的なせどり(転売)ほど、高い成功率ではありませんが、資金を持て余している方ならチャレンジする価値があります。

 

ではさっそく、莫大な利益が望める“中国輸入OEM”について学んでいきましょう!

 

商品開発できる!中国輸入OEMとは?

 

can-you-earn-china-imported-oem2

 

OEMとは「Original Equipment Manufacturer」の略称で、他者ブランドを製造することを言います。

 

たとえば、スーパーやコンビニでよく見るプライベートブランド。

 

お菓子から調味料まで、さまざまなものがありますよね。

 

can-you-earn-china-imported-oem3

 

 

実はセブンイレブンのマヨネーズは「味の素」が作っています。

 

このようにOEMはとっても身近な商法なんです。

 

これはせどり(転売)にも応用でき、工場にあなたのブランド商品を作ってもらうことができます。

 

転売というよりは、製造から販売まで行うのでメーカーのイメージでしょう。

 

国内の工場でも製造してくれますが、中国の方が安いのは説明するまでもありません。

 

このビジネスが“中国輸入OEM”というワケです。

 

あなたが中国工場に商品製造をオファーし、完成したら輸入します。

 

届いたモノを利ざやを乗せて国内で売れば、しっかり稼げるという流れですね。

 

どこかから仕入れて転売するせどり(転売)と比べて、グッと難易度がアップします

 

ですので、“上級者向け”の物販ビジネスと考えてください。

 

初心者のうちに手を出すのは時期尚早でしょう。

 

中国輸入OEMは稼げるのか?

 

can-you-earn-china-imported-oem4

 

結論から言うと中国輸入OEMは稼げます

 

仕入れ金額から販売価格を決められるため、売れる商品だけを作ればいいのです。

 

たとえば、込み込みの原価50円のスマートフォンケースを、1000個作ったとしましょう。

 

販売経路はAmazonとメルカリで、売価を1200円とします。

 

すべて売り切るのがベストですが、そう毎回うまくはいきません。

 

ここでは在庫の80パーセントをさばけたとします。

 

計算すると、売上が「1000個×1200円=120万円」、経費が「50円×1000個=5万円」です。

 

単純計算で利益は「120万円ー5万円=115万円」となります。

 

もちろん、すべての工程をこなすには数ヶ月かかるでしょう。

 

とはいえ、このような商品を10パターン作れば「115万円×10パターン=1150万円」。

 

税金を引いてもかなりのお金が手元に残るワケです。

 

このように、中国輸入OEMは売れる商品を作り、適切な販売をすれば儲かります。

 

机上の空論に聞こえるかもしれませんが、実際にAmazonでこれ以上の利益をあげた方はたくさんいます。

 

初期資金と行動力が求められるものの、成功すれば大きな利益が得られるのです。

 

中国輸入OEMのメリット

 

can-you-earn-china-imported-oem5

 

中国輸入OEMのメリットは

 

1つ目は、上記のとおり「ヒットすれば莫大な利益が得られること」です。

 

イメージとしては、せどり(転売)がヒットを量産するイチローで、中国輸入OEMがホームランをカッ飛ばす松井秀喜ですね。

 

2つ目は「Amazonで独占販売できること」です。

 

can-you-earn-china-imported-oem6

 

 

有名どころだとAnkerはオリジナル商品を独占販売しています。

 

赤枠の出品者が1人しかいないことからわかるように、他のセラーを排除しているのです。

 

Amazonの販売形式的に“相乗り防止”は、とても優れた戦略といえます。

 

3つ目のメリットが「価格を自由につけられること」です。

 

Amazonでは、相乗りがいない(ライバルがいない)と価格を適正以下にダウンする必要がありません。

 

誰が得するのかわからない、無意味な価格競争に巻き込まれなくて済むワケです。

 

安定した利益を得られるため、追加発注をしやすく、大きいメリットだといえます。

 

中国輸入OEMのデメリット

 

can-you-earn-china-imported-oem7

 

反対に中国輸入OEMにはどんなデメリットがあるでしょうか。

 

誰もが被りうる、4つのデメリットをみていきましょう。

 

1つ目が「必要な軍資金が大きいこと」です。

 

OEMをはじめるにあたって、数十万円ではまったく足りません。

 

厳密には作れますが、まともな利益を得るには100万円以上の初期資金がマストです。

 

2つ目が「工場と契約しなければいけないこと」です。

 

せどり(転売)とは違って、仕入先とあなたの関係は“BtoB”です。

 

向こうはできるだけ高いお金を払ってほしいので、工場との交渉が大切になります。

 

もちろん日本語に対応できる工場は少なく、中国語を話せた方が有利です。

 

通訳や交渉の代理サービスを探すのも手ですが、効率的ではないでしょう。

 

もっとも理想的なのは、現地の工場にいって直接アポを取り、その場で交渉することです。

 

かなりハードルが高いですが、OEMで稼ぐにはこれくらいの行動力が必要でしょう。

 

3つ目のデメリットが「不良品リスクがあること」です。

 

中国の工場は、日本とは違い“不良品率”がとても高いのです。

 

これは中国にかぎらず、海外製品のクオリティーは日本とはズレていると理解してください。

 

日本の消費者は「新品=箱もキレイで傷ひとつない」と考えます。

 

一方、海外では「箱は緩衝材」「使えればOK」という風潮があります。

 

当然、中国の工場作られたものは海外クオリティーになるため、不良品率が高いワケです。

 

ラスト、デメリットの4つ目が「Amazonランキングを上げるコストがかかること」です。

 

Amazonの販売システム上、ランキングが上がったり、良い評価を得られなければ売れません。

 

そのため、わざと初動は“赤字で売ってランキングをあげる”という工程が必要で、大きなコストがかかります。

 

商品開発とは別にかかるコストですので、セラーにとって頭を抱える問題になるのです。

 

中国輸入OEMのAmazonでの出品方法

 

can-you-earn-china-imported-oem8

 

AmazonでOEM商品を出品する方法はカンタンです。

 

can-you-earn-china-imported-oem9

 

 

まずはセラーセントラルから「在庫」→「商品登録」をクリックします。

 

can-you-earn-china-imported-oem10

 

 

移動した画面で「商品を新規登録する」をクリックしてください。

 

can-you-earn-china-imported-oem11

 

can-you-earn-china-imported-oem12

 

 

ここで商品に関する情報を記入していきます。

 

オリジナルの画像もアップロードするので用意しておきましょう。

 

can-you-earn-china-imported-oem13

 

 

また、Amazonではブランド登録にあたり、いくつかのルールがあります。

 

少しむずしいですが、その分参入障壁は高くなります

 

本気で中国輸入OEMに取り組むなら、しっかりクリアしましょう。

 

まとめ

 

can-you-earn-china-imported-oem14

 

今回は「中国輸入OEMは稼げるのか?」について、

 

・中国輸入OEMの概要

・中国輸入OEMのメリット

・中国輸入OEMのデメリット

・Amazonでの新規出品方法

 

の4点を解説しました。

 

OEMは初心者にはむずかしい、上級者向けのビジネスです。

 

しかし、成功すればリターンが大きく、販売量をアップすれば稼ぎが莫大になります。

 

どんな商品が売れるかのサーチが得意な人、現地工場にいって直接交渉できる人は、ぜひチャレンジしてみてください。

転売カテゴリの最新記事