ブランド品転売の基本から分かりやすく解説。

ブランド品転売の基本から分かりやすく解説。

今回は「ブランド品転売」について、

 

・ブランド品転売とは?

・3つのメリット

・2つのデメリット

・ブランド品転売のリサーチ方法

・ブランド品転売の注意点とは?

 

の5点を解説していきます。

 

ブランド品は流通量の割にライバルが少ない手法です。

 

加えて、利益率が高いため出品数が少なくても稼げる可能性があります。

 

ですので、忙しい副業サラリーマンの方は特に注目してください。

 

ブランド品 転売とは?

 

Commentary explanation from brand goods resale fundamentals.2

 

ブランド品転売とは、アパレルなどのブランド品を転売する手法です。

 

主に中古品を仕入れて転売することになります。

 

たとえば、アパレル系だと「ルイヴィトン」「グッチ」「コーチ」などのハイブランドから、「SUPREME」「コムデギャルソン」「Yohji Yamamoto」などの若者向けまでさまざまです。

 

ですので、ブランド品転売で扱う商品は豊富で仕入れに迷うことはないでしょう。

 

特に最近ではメルカリなどのフリマアプリが出てきたことにより、ブランド品転売が身近になりました。

 

今までは一部の業者だけのマーケットでしたが、現在は一般人でも参入できます

 

メリットだけでなくデメリットもありますが、参入できる方は一度検討してみる価値があるでしょう。

 

ブランド品 転売のメリット

 

Commentary explanation from brand goods resale fundamentals.3

 

ブランド品転売のメリットは3つあります。

 

ひとつずつ見ていきましょう。

 

メリット①「常にニーズがあること」

 

1つ目のメリットが「常にニーズがあること」です。

 

ブランド品は常にニーズがあります。

 

ただのアパレル系商品と違い、流行りがゆるやかです。

 

Commentary explanation from brand goods resale fundamentals.4

 

 

たとえば、ルイヴィトンの財布には流行りはなく常にニーズがありますよね。

 

だから、わりかしすぐに売れやすいのです。

 

どちらかと言うと、キャッシュの流れがいい転売手法でしょう。

 

メリット②「ライバルが少ないこと」

 

2つ目のメリットが「ライバルが少ないこと」です。

 

ブランド品転売はほかの転売手法と比べ、ライバルが少ない傾向にあります。

 

転売(せどり)をはじめて、まず第一にブランド品転売を選ぶ人は少ないからですね。

 

また、後述する必要資金のハードルがライバルの少なさに拍車をかけています。

 

だからこそ、あなたがブランド品転売に参入できるなら前向きに考えてみてもいいでしょう。

 

物販ビジネスにおいて、ライバルの少なさは稼ぎやすさに直結します

 

メリット③「利益率が高いこと」

 

3つ目のメリットが「利益率が高いこと」です。

 

ブランド品転売は仕入れにある程度のお金が必要ですが、その分利益率が高めです。

 

なぜなら、売るものが高ければ高いほど“利益率”はコントロールしやすくなるからですね。

 

仕入れ値と利益率が高いモノは、月あたりの販売個数が少なくても稼げます。

 

Commentary explanation from brand goods resale fundamentals.5

 

 

たとえば、6万円で仕入れたブランド品を10万円で販売すれば、それだけで4万円の利益になります。

 

これを月に10回繰り返せば「4万円×10回=40万円」の利益になるワケです。

 

利益4千円の商品を100回売るよりも手間が少ない点もメリットでしょう。

 

ブランド品 転売のデメリット

 

Commentary explanation from brand goods resale fundamentals.6

 

ブランド品転売のデメリットは以下の2つです。

 

デメリットというよりは参入障壁と理解してもいいでしょう。

 

では、ひとつずつ見ていきましょう。

 

デメリット①「目利きが必要なこと」

 

1つ目のデメリットが「目利きが必要なこと」です。

 

Commentary explanation from brand goods resale fundamentals.7

 

 

Commentary explanation from brand goods resale fundamentals.8

 

 

ブランド品転売は商品ごとに予想販売価格が異なります。

 

特に中古品ブランドは状態により価格が大きく変わるため注意してください。

 

もちろん未使用に近いモノだと相場が安定しています。

 

しかし目利きが必要ない分、どうしてもライバルが増えてしまうのです。

 

そうなるとほどほどの中古ブランドを狙うのですが、やはり目利きが必要になってきます

 

デメリット②「ある程度の資金が必要なこと」

 

2つ目のデメリットが「ある程度の資金が必要なこと」です。

 

ブランド品転売は1つ1つが高額なので、仕入れ時点でまとまった資金が必要です。

 

もちろん、仕入れにクレジットカードを使えば支払いを遅らせられます。

 

利益率が高いブランド品転売では分割手数料をペイしやすいので、クレカ払いもありでしょう。

 

ですが、家電などと違い売れるまでの日数が予想しづらいので、やはりクレカ払いにはリスクが残ります。

 

できれば、ある程度の資金を確保してブランド品転売に参入してください。

 

ブランド品 転売のリサーチ方法

 

Commentary explanation from brand goods resale fundamentals.9

 

ブランド品転売のリサーチはメルカリを利用しましょう

 

なぜなら、素人の出品が多いからです。

 

プロから買うよりもかなり安く仕入れられます。

 

Commentary explanation from brand goods resale fundamentals.10

 

 

たとえば「レイバン」リサーチすると、多くの商品が見つかります。

 

このとき素人っぽい商品写真を探してください。

 

また値段はキッカリに付けているほうが商品が見つかりやすいです。

 

何も考えずに“7000円”や“10000円”などと値付けている素人を探しましょう。

 

ブランド品転売では売価から探すよりも、素人が値付けミスをしているモノを探すほうが効率的でしょう。

 

明らかに安く売りすぎている商品が多いからです。

 

逆に言うと、SUPREMEなどの売価が安定している商品はおすすめしません。

 

転売のライバルが多くなりますし、そもそも販売者に素人が少ないからです。

 

できれば、ちょっと年齢層が高いかも……なブランドが仕入れやすいでしょう。

 

ブランド品 転売の注意点

 

Commentary explanation from brand goods resale fundamentals.11

 

 

ブランド品転売では「偽物(レプリカ)」に注意してください。

 

こればかりはブランドを扱っていると嫌でもつきまとってきます。

 

ブランド品は偽物転売のマーケットが大きいので、どうしても贋作が出回ります。

 

運悪く偽物をつかまされると、金銭的な損失に加えて、トラブル解決のための時間まで奪われるわけです。

 

だから、怪しい業者、やけに安い新品ブランド、評価が悪い出品者には気をつけましょう。

 

どれだけ稼げそうな商品でも、怪しいと思ったら仕入れないでください。

 

騙すほうはプロなので、一度お金を払ってしまうと二度と戻ってきません。

 

特に“評価が少ない出品者”には細心の注意を払って下さい。

 

まとめ

 

Commentary explanation from brand goods resale fundamentals.12

 

今回は「ブランド品転売」について、

 

・概要

・メリット

・デメリット

・リサーチ方法

・注意点

 

の5つのポイントをお話しました。

 

ブランド品転売は参入障壁とリスクがある分、成功すれば稼ぎやすい手法です。

 

もしあなたにブランド品の知識があれば、なお成功しやすくなります。

 

1つあたりの利益率が高く、忙しい人は出品数が減るので有効な手法とも言えます。

 

ぜひ、資金的な余裕がある人はブランド品転売を選択肢のひとつにしてみましょう。

転売カテゴリの最新記事