ラクマ出品方法を分かりやすく解説。

ラクマ出品方法を分かりやすく解説。

今回は「ラクマ出品方法」について、

 

①写真のアップからタイトル入力まで

②本文入力のコツ

③商品情報と配送設定のセレクト

④購入申請は設定すべきか?

⑤最終確認

 

の5ステップで解説していきます。

 

むずかしいところはないので、手順を見ながら確実にやっていきましょう。

 

また、ラクマ特有の購入申請の注意点の解説もします。

 

ラクマでの売上アップには知っておくべき情報なので、ぜひ目を通してください!

 

ラクマ出品方法〜写真をアップからタイトル入力まで〜

 

commentary-on-how-to-display-rakuma2

 

今回はこのイヤホンで出品の流れを解説していきます。

 

commentary-on-how-to-display-rakuma2

 

まずは「出品」をタップして出品画面に移動します。

 

commentary-on-how-to-display-rakuma4

 

出品画面へ行き、まずは出品物の画像をアップします。

 

commentary-on-how-to-display-rakuma5

 

できれば事前に、キレイに見えて売れ行きがよくなるものを準備しておきましょう。

 

カメラで撮るなら暗いと売れなくなるので、部屋を明るくして撮影しましょう。

 

自分ならその画像を見て「買う気が失せないか?」をしっかり意識してください。

 

commentary-on-how-to-display-rakuma6

 

画像はこのように4枚すべて埋めましょう。

 

その方が情報量がアップし売れやすくなります。

 

時間を短縮したいなら、自分で撮る写真は1枚でOKです。

 

commentary-on-how-to-display-rakuma7

 

続いて、題名を入力します。

 

コツとしては【】など、目立つ記号を使いユーザーの目につきやすくすると良いでしょう。

 

また、英語名はカタカナも入れると検索で引っかかりやすくなり有利です。

ラクマ出品方法〜本文入力のコツ〜

 

commentary-on-how-to-display-rakuma8

 

写真と題名を入れたら、「本文」を考えていきます。

 

commentary-on-how-to-display-rakuma9

 

コツとしては、まずテンプレートを作ることです。

 

・【商品の説明】

・【商品の状態】

 

などカッコを使い、項目ごとにわけて書くとわかりやすいでしょう。

 

これをメモ帳などにコピーしておき、出品するごとにコピペで手間を省きます。

 

購入者が見やすいように、改行してスキマを多く取ることも大切です。

 

また、特に中古商品は本文でのフォローが大切です。

 

「〇〇にキズがありますが、使用に問題はありません」など真実は伝えつつ、心配がないポイントはしっかりとアピールしましょう。

 

画像と本文でしか情報を得られない購入者の気持ちになって、しっかりと情報が伝わるか?を意識して書きましょう。

 

写真と本文をじっくり作り込めばライバルよりも高い価格で売りさばけます。

 

誰だって“まともそうな人”から“まともそうな商品”を買いたいのです。

 

文章を使ってライバルより20%は高く売ってやる!という気持ちで書いてください。

ラクマ出品方法〜商品情報と配送設定〜

 

commentary-on-how-to-display-rakuma10

 

続いて、「商品情報」と「配送について」を埋めていきます。

commentary-on-how-to-display-rakuma11

 

この項目で工夫できるのは「配送料の負担」と「発送日の目安」の2つです。

 

commentary-on-how-to-display-rakuma12

 

フリマアプリの購入者は、値段がわかりやすく、すぐ届きそうなものを好みます。

 

ですので、配送料は「送料込み>着払い」、発送日数は「最短(1〜2日で発送)」をセレクトすべきです。

 

もし離島の方の購入リスク(ほぼ送料が増える)を抑えたいなら、本文に「離島の方は送料が別途かかります。お手数ですが、購入前にコメントをください。」と書いておきます。

 

ネットショッピングをする離島の方は、だいたいこのくだりに慣れているため、そこまで売上ダウンにはならないです。

 

その他、ブランドや商品状態は工夫のしようがないので、真実を書きます。

 

特にブランドは下手に嘘をつくとアカウントにキズがつく恐れがあるので気をつけましょう。

 

売りたいからといって、ブランドネームを借りる行為はやめてください

ラクマ出品方法〜購入申請について〜

 

commentary-on-how-to-display-rakuma13

 

続いてラクマの特徴である「購入申請」についてです。

 

commentary-on-how-to-display-rakuma14

 

結論を先に言うと、ここは「なし」にしてください

 

なぜならそのほうが売れるからです。

 

もし、ここを「あり」にすると、購入者がいちいちあなたの許可を待つことになり、購入率が下がります。

 

ラクマで買い物してみるとわかりますが、買おうと思ったところに申請が必要となると、本当にテンションが下がります。

 

その結果、他に同じものを出品していて「申請なし」のセラーがいないか探すことになるのです。

 

もっと言うと、購入申請“なし”だと“あり”よりも10%高くしても売れます。

 

それほどまでに、この「申請あり」は嫌われることを覚えておきましょう。

 

ただ、無在庫販売をやるときに限り、この申請制度は有効です。

 

なぜなら、申請がきてから在庫を確認すればいいので、気軽に無在庫販売での出品がしやすいからです。

 

ですので、無在庫販売で“在庫切れ”が気になってチャレンジできない方は、この申請制度を使ってまずは出品に慣れてみましょう。

ラクマ出品方法〜最終確認〜

 

commentary-on-how-to-display-rakuma15

 

ここまでの記載に問題がなければ、出品価格を決めて「確認する」をタップします。

 

commentary-on-how-to-display-rakuma16

 

ちょっと保留したいなら、「下書きに保存する」をタップして、後から出品することもできます。

 

commentary-on-how-to-display-rakuma17

 

最後に問題がないかの最終確認をされるので、一通りチェックしてから「出品する」をタップします。

 

このタップで本当に出品してしまうため、値段のミスだけは気をつけてください

 

メルカリほどではありませんが、フリマアプリは出品後の一瞬で売れることが普通にあります。

 

もしゼロをひとつ付け忘れて出品したとき、値段の安さから即売れまであります。

 

余計なトラブルになり、事務的な処理が増えてしまうため、ここだけは再三のチェックをしてください!

まとめ

 

commentary-on-how-to-display-rakuma18

 

今回は「ラクマ出品方法」について、その流れを説明しました。

 

やり方自体はカンタンですが、それぞれの項目にコツがあるので、慣れるまでは丁寧にやっていきましょう!

 

最後にも言いましたが、値段の設定ミスだけは何度もチェックする癖をつけておいてください。

Amazonカテゴリの最新記事