Amazon発送時梱包から出品までを解説。

Amazon発送時梱包から出品までを解説。

今回は「Amazon発送時の流れ」について、

 

・自己発送のケース

・FBAのケース

・どちらが良いか?

 

について解説していきます。

 

どちらもメリットとデメリットはありますが、基本的にはFBAをおすすめします。

 

では、その理由をそれぞれの発送プロセスを通して見ていきましょう!

 

Amazon自己発送のプロセス

 

commentary-on-shipping-from-amazon-packaging-to-sending-out2

 

Amazonの自己発送とは、あなたの自宅から商品を発送するものです。

 

発送を外注さんに任せていないかぎり、あなたが「注文確認」→「梱包」→「発送」をひとりでしなくてはいけません。

 

これ、やるとわかるのですがなかなか大変です。

 

大変なのはまだいいのですが、時間がけっこう取られます

 

「注文確認」→「梱包」→「発送」の流れをもう少し具体的に解説すると、

 

①注文確認

 

commentary-on-shipping-from-amazon-packaging-to-sending-out3

 

 

あなたの商品が売れたら、Amazonセラーセントラルに登録しているメールに「注文確定 – 商品を出荷してください」という件名の通知がきます。

 

このメールの下に発送の手順が細かく記載されているので、基本的にはその通りにしていけばOKです。

 

②梱包

 

続いて、梱包作業をしていきます。

 

commentary-on-shipping-from-amazon-packaging-to-sending-out4

 

 

注文を受けた未出荷商品は、セラーセントラルの赤枠をクリックしてまず発送手続きを進めます。

 

commentary-on-shipping-from-amazon-packaging-to-sending-out5

 

 

未出荷商品のリストページに移動するので、発送する商品の「納品書」を印刷していきます。

 

梱包のときに一番やりがちなのが、この「納品書」の入れ忘れです。

 

Amazonでは納品書の同封がルールですので、梱包してから入れ忘れに気づいても、絶対に入れ直してください。

 

本当に細かいことでクレームをしてくるお客さんは一定数いらっしゃるので、Amazonルールだけは足をすくわれないようにしっかりと守りましょう。

 

ちなみに、あなたが外出しているときに受けた注文は、帰ってからやらなくてはいけません。

 

即日発送を明記しているなら、わざわざ商品倉庫に戻って発送するというケースもあるでしょう。

 

ですので、自己発送はできれば外注化した方が、精神的にも、肉体的にも楽です。

 

③発送

 

先ほど印刷した「納品書」の上半分は、お客さんの住所が記載されています。

 

これは梱包した箱にそのまま貼り付けて大丈夫ですので、ぜひ時短のためにもそうしてください。

 

注意点は、雨天だと濡れるので透明の梱包テープでガードしておきましょう。

 

透明のテープは100均で売っているので、ガムテープと一緒に購入しておいてください。

 

そして、上半分を切り離した残りの部分を、商品と同梱しておきます。

 

丁寧な人なら封筒に入れますが、そこまでする必要はないので、せめてキレイに切れているかだけ確認しましょう。

 

commentary-on-shipping-from-amazon-packaging-to-sending-out6

 

梱包を出荷したら「出荷通知を送信」ボタンから、購入者にお知らせしておきます。

 

出荷しているのに通知を忘れると、Amazonから「早く出荷しろ!」と怒られるので、注意してください。

 

お客さんからも不安がられ、まるで良いことがないので、「出荷通知」ボタンの押し忘れは再三の確認をしておきましょう。

 

AmazonFBAのプロセス

 

commentary-on-shipping-from-amazon-packaging-to-sending-out7

 

続いて、AmazonFBAのプロセスを見ていきましょう。

 

ご存知の通りFBAとは、「注文確認」→「梱包」→「発送」のプロセスをAmazonがすべてやってくれるサービスです。

 

あなたが寝ているときでも、日中仕事をしているときでも、AmazonFBA倉庫は動き続けます。

 

具体的には、お客さんがあなたの商品を注文すると、

 

commentary-on-shipping-from-amazon-packaging-to-sending-out8

 

 

というメールがAmazonから届きます。

 

このとき、あなたがやるべきことは何もありません

 

自己発送のときと比べると雲泥の差ですよね。

 

もちろんトラブルが起こったら対応しなければいけませんが、FBAからの発送はまさに全自動です。

 

自己発送とFBAどちらにすべきか

 

commentary-on-shipping-from-amazon-packaging-to-sending-out9

 

ここまで、自己発送とFBAについて「注文確認」から「発送」まで、それぞれのプロセスを見てきました。

 

言うまでもありませんが、自己発送よりFBAの方が段違いに楽です。

 

もちろんFBA手数料や、FBAまでの配送料はかかりますが、それを含めてもFBAのメリットは大きすぎます。

 

さらには「FBAだと時間が空く」という点も見逃せません

 

実際にやってみるとわかりますが、自己発送の「梱包」から「発送」までの作業って、けっこう時間がかかるんです。

 

ですので、注文のタイミングによってはいちいち家に帰って発送しなくてはいけません。

 

一方FBAだと、倉庫に送ってしまえばすべてが自動化されます。

 

1日に100、200個注文が入っても、あなたは家でゴロゴロしているだけですべてが完了します。

 

もちろんベストは空いた時間をさらなる「仕入れ」に充てることです。

 

このFBAを使った、「仕入れ」→「FBA納品」→「仕入れ」→「FBA納品」……という好循環ループを作るのが、Amazon転売の必勝法ですね。

 

まとめ

 

commentary-on-shipping-from-amazon-packaging-to-sending-out10

 

今回は「Amazon発送時梱包」について、

 

・自己発送の面倒さ

・FBAの楽さ

・自己発送とFBAだと何が違うか

 

の3つのポイントをお話しました。

 

もしあなたがより稼ぎたいなら、FBAに納品しづらい大きめの商品をのぞいて、自己発送の比率を減らしてください。

 

FBAを利用してできた空き時間を“有効活用できるか”が、Amazonで稼げる分かれ道です。

物販カテゴリの最新記事