AmazonFBA出品方法を分かりやすく解説。

AmazonFBA出品方法を分かりやすく解説。

このページでは、仕入れた商品をAmazonFBAへ納品し、出品する方法について紹介していきます。

 

せっかく仕入れた商品でも、売れるところへ出品しなければ宝の持ち腐れです。

 

初心者はキャッシュフローをよくするべきなため、これは避けなければいけません。

 

そのためにも、FBAへの納品はすぐにやってしまいましょう。

 

Amazon FBAとはそもそも何か?

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner2

 

AmazonにはFBAという物流委託サービスがあります。

 

このサービスは購入者ではなく、私たち出品者のためのサービスです。

Amazonの素晴らしい点は、買い手だけでなく売り手にも心遣いがあることで、それを形にしたのが「FBA」というわけです。

 

このサービスの具体的な流れはこうなっています。

 

まず私たちバイヤーは仕入れた商品を、一度Amazonの倉庫へと送ります。

 

その後、Amazon.co.jpでその商品が売れればFBAが自動的に発送してくれるという流れです。

 

もっとわかりやすくすると、

 

「あなた(出品者)」→「Amazonの倉庫」→(FBAによる発送)→「お客さん(購入者)」

 

FBAではこのような流れになります。

 

逆にFBAを使わない自己発送だと、

 

「あなた(出品者)」→(あなたによる発送)→「お客さん(購入者)」

 

のようになります。

 

Amazon FBAのメリット・デメリットは?

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner3

 

このFBAの大きなメリットは、

 

・梱包などの作業が減る

・カートの取得率UP

 

の2点です。発送はFBAが代行してくれるため時間の節約につながります。

 

一方でデメリットは、

 

・手数料を取られる

・返品がAmazonのルールになる

 

の2点です。

 

先に結論をいうと、FBAについては「メリット>デメリット」となっています。

 

物販をやるならAmazonのFBAは使ってください。

 

特に企業ではなく個人で転売ビジネスに挑むなら、このFBAは頼もしい味方となります。

 

このメリット・デメリットについてのもっと深い話は「Amazon  FBA出品にするとどれくらい売れる」でさらに深くお話しするので、そちらもご参照ください。

 

Amazon FBA出品方法の手順

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner4

 

では、ここからは具体的なFBA出品方法を解説していきます。

 

具体的とは『仕入れた商品』を『Amazonの倉庫(FBA)』へと送るまでです。

 

手順のポイントは4つあります。

 

①Amazonセラーセントラルにログイン

②商品の登録

③納品プランの作成

④商品の梱包・Amazonの倉庫へ配送

 

それぞれみていきましょう!

 

①Amazonセラーセントラルにログイン

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner5

 

まずは、セラーセントラル(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/homepage.html)へログインしてください。

 

商品登録や納品プラン作成はすべてこのセラーセントラルから行います。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner6

 

ログイン後、TOP画面の「カタログ」→「商品登録」をクリックします。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner7

 

そうするとこの画面へ行き、さらに下には「商品を1点ずつ登録する」があります。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner8

この赤枠に仕入れた商品の「商品名/ASIN/JANコード/型番」を入れて、まずは商品ページを見つけます。

 

②商品の登録

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner9

 

ASINを先ほどの赤枠に入力して検索しますと、その商品が表示されます。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner10

 

ASINは基本的に1つの商品に1つしかありません。

 

そのため、「商品名」よりも「ASIN/JANコード」の方が時間が短縮できるでしょう。

 

Amazonでは似たような商品がいくつもあります。

 

特に商品名での検索はミスにつながりやすいため、気をつけてください。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner11

 

問題なければ「出品する」をクリックします。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner12

 

そうすると、このような出品する商品のコンディションなどを記入するページに移動します。

 

まずは、ここに必要事項を記入して商品の登録をしましょう。

 

中古家電だと、ここのコンディション説明の文章が売れるかどうかのポイントです。

 

ここは適当に書かず、買う側の気持ちをしっかりと理解してライティングしましょう!

 

もしFBAに送りたい商品が複数あるなら、この手順②をその分やってください。

 

まずはこの作業をすべて済ませましょう。

 

③納品プランの作成

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner13

 

続いて、納品プランの作成をしていきます。

 

まずはセラーセントラルのTOP画面から「在庫」→「在庫管理」をクリックしてください。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner14

 

そうすると、先ほど登録した商品がすべてこのリストにあるはず(なければ登録に失敗しています)なので、FBAを利用する商品すべてにチェックを入れます。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner15

 

続いて「選択中の◯商品を一括変更」をクリックし、「Amazonから出荷」を選択します。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner16

 

そのまま指示に従い進むと、「在庫を納品/補充」のページに移動します。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner17

 

ここでは、赤くの発送元の登録を行います。指示に従い、発送元の住所を登録してください。

 

梱包タイプは「個別の商品」のままでOKです。

 

入力に間違いがないかをチェックしたら「続ける」をクリックしましょう。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner18

 

これで納品プランの作成ができたので、問題がなければ商品の個数を入力して「続ける」をクリックします。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner19

 

次のページでは商品ラベルの印刷をしていきます。商品ラベルとはこのように商品に貼ってある管理用のバーコードです。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner20

 

このラベルは自分で印刷するか、AmazonFBAに委託するかを選択できます。

 

委託してもそんなに高くないので、プリンターがない人は任せてしまうのも手です。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner21

 

Amazonに委託する場合は「Amazon」を選択してください。

 

ミスがないかを確認をして「続ける」をクリックします。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner22

 

最後に納品プランの確認画面に移動します。

 

問題がなければ「納品を作成する」をクリックします。

 

「納品プランの作成」はここまでです。少し長かったですね、お疲れさまです!

 

④商品の梱包・Amazonの倉庫へ配送

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner23

 

最後に、作成した納品プランからAmazon倉庫へ配送するまでの手順を解説します。

 

先ほどの「納品を作成する」クリック後に移動する画面で「納品作業を続ける」をクリックしてください。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner24

 

そうするとこの画面に行くので、まずは配送の設定をします。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner25

 

自分が利用する配送業者を選択しましょう。

 

続いて、「⒊輸送箱数・重量・寸法」を入力し、配送ラベルを印刷をクリックしてください。

 

プリンターがない方は、クラウドデータから印刷できるコンビニのプリンターを使いましょう。

 

「ネットワークプリント(https://networkprint.ne.jp/sharp_netprint/ja/top.aspx)」などのサービスがあります。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner26

 

このラベルは先ほどの商品ラベルではなく、商品が入ったダンボールに貼り付けるラベルです。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner27

 

印刷したラベルはこのようにダンボールに貼り付けます。

 

最後に「クリックすると納品が完了します」をクリックします。

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner28

 

移動した画面で、配送伝票の「お問い合わせ番号」を登録することも可能です。

 

無用なトラブルを避けるためにできれば入力しましょう。

 

あとは登録した商品をダンボールに梱包して、配送ラベルと配送伝票を天面に貼り付けて配送します。

 

まとめ

 

describe-amazon-fba-listing-method-in-an-easy-to-understand-manner29

 

今回はAmazonFBA出品方法を解説しました。

 

「②商品の登録」「③納品プランの作成」は少し手こずるかもしれませんが、画像と文章を見つつしっかりとやっていきましょう。

 

そして、なるべく早く手元の商品をAmazonFBAへ納品し、売上を獲得しましょう

Amazonカテゴリの最新記事