Amazon返品理由確認方法を解説。

Amazon返品理由確認方法を解説。

今回は「Amazon返品理由調べ方」について、

 

・AmazonFBAの返品理由はどう調べるのか?

・Amazon自己発送の返品理由はどう調べるのか?

・返品理由についての注意点

 

の3つのポイントを解説していきます。

 

Amazonでの販売は、どうしても返品と付き合っていかなくてはいけません。

 

ですので、この“返品理由調べ方”は初心者のうちから知っておき、その後の対処をしっかり講じられるようになってください。

 

AmazonFBAでは気づかずに返品されている

 

describe-the-method-of-confirming-the-reason-for-returning-amazon2

 

AmazonFBAで販売していると、たまにお客さんから返品されます。

 

とは言っても、FBAでは返品処理をAmazon側でやってくれるので、気づかずにやり取りが終わっていることもあります。

 

一応、返品があるとメールでお知らせがくるので、Amazonからのメールは確認しておきましょう。

 

また、Amazonは返品に関して、かなりお客さん寄りなルールにしているので、中には理不尽な理由もたくさんあります。

 

困るのが、返品された商品の中にはそのまま「再出品」できないものがあることです。

 

ですので、FBAで出品している商品が返品されたときは、Amazonからメールが届き次第、返品理由を確認した方が良いでしょう。

 

AmazonFBAの返品理由の調べ方

 

describe-the-method-of-confirming-the-reason-for-returning-amazon3

 

AmazonFBAの商品が返品されたら、セラーセントラルで返品理由を調べましょう。

 

describe-the-method-of-confirming-the-reason-for-returning-amazon4

 

まずはセラーセントラルTOPから「レポート」→「フルフィルメント」をクリックします。

 

describe-the-method-of-confirming-the-reason-for-returning-amazon5

 

 

続いて、「商品の返品や交換返品」の「レポート」をクリックします。

 

describe-the-method-of-confirming-the-reason-for-returning-amazon6

 

 

そうすると、返品レポートの画面に移動するので、レポート期間を選び“返品理由”を調べていきます。

 

期間を選ぶと、返品された商品のリストがズラッと出てくるので、該当のモノを探しましょう。

 

describe-the-method-of-confirming-the-reason-for-returning-amazon7

 

 

見つけると、リストの一番右に「理由」、その左に「商品の状態」が書かれているはずです。

 

この画像では「拒絶されました」という理由で返品されたようです。

 

その左には「販売可」と書かれており、これはFBAへ戻ってきた商品がそのまま同じ状態で販売できることを意味しています。

 

“同じ状態”とは、あなたがFBAへ納品したコンディションと同じという意味です。

 

describe-the-method-of-confirming-the-reason-for-returning-amazon8

 

 

この商品では、理由が「製品上のトラブルまたは不具合がある」となっており、初期不良の可能性が高いでしょう。

 

その左には「不良品の返品商品」とあり、不良品=販売不可となってしまいます。

 

つまり、FBAにこのまま置いておいても販売できないので、一度あなたの元に戻すか、破棄するしかありません。

 

さらに困ることに、この不良品を自宅に返送されて確認しても、なんら正常な商品なことがよくあります。

 

そうなると、Amazonへ文句を言いたくなりますが、はっきり言って水掛け論になりますし、Amazonはほぼほぼ購入客の肩を持ちます

 

悔しいですが、AmazonFBAを使うための必要経費だと思ってガマンしましょう。

 

こればかりは、セラー全員が通る道です。

 

Amazon自己発送の返品理由の調べ方

 

describe-the-method-of-confirming-the-reason-for-returning-amazon9

 

続いて、自己発送の返品理由の調べ方をみていきましょう。

 

自己発送の返品は理由を知るだけでなく、すぐさま自分で対応しなくてはいけません。

 

お客さんからのリクエストをずっと放置すると、アカウントの健全性が悪くなるので、気をつけましょう。

 

describe-the-method-of-confirming-the-reason-for-returning-amazon10

 

 

自己発送の返品リクエストがあると、セラーセントラル TOP「返品リクエスト」の右の数字が1以上になります。

 

ですので、この数字が1以上ならすぐにクリックしてください。

 

クリックすると、次のページで返品リクエスト一覧が出てきます。

 

その一覧ですぐに返品理由が記載されてあるので、それを確認しましょう。

 

また、確認ついでに「返品リクエストを承認」ボタンを押して、返品処理をしてください。

 

返品理由はおおらかに受け止めよう

 

vdescribe-the-method-of-confirming-the-reason-for-returning-amazon11

 

Amazonで販売をしていると、謎の返品を受けることがあります。

 

このとき自己発送なら、返品返金の加減を調整できるんですが、FBAだと勝手に処理されてしまいます。

 

ですので、「これはヒドイ……」という返品理由までも、返金処理されて商品が“販売不可”になることもあるのです。

 

しかし、Amazonは徹底的に“購入者ファースト”なので、クレームを入れても無益なケースが多いです。

 

残念ですが、こればかりは受け入れましょう。

 

ただ、少し前からAmazonでは、返品のしやすさを利用した詐欺が発生しています。

 

内容は「高額商品をすり替えて返品する」というものです。

 

かなり悪質な上に、泣き寝入りするしかなくなるケースが多くあります。

 

ですので、高額商品を扱う場合は、リスクヘッジとして配送前の商品の写真を取っておくなど、対抗策を講じましょう。

 

特に外国の方からの注文は、詐欺につながるケースが多いようです。

 

すべての外国人がそうではありませんが、発送前にできる対策はしておくべきでしょう。

 

まとめ

 

describe-the-method-of-confirming-the-reason-for-returning-amazon12

 

今回は「Amazon返品理由調べ方」について、

 

・AmazonFBAでの返品理由の調べ方

・Amazon自己発送での返品理由の調べ方

 

についてお話しました。

 

AmazonFBAの返品は、気づかぬうちにされていることが多いです。

 

ですので、Amazonからのメールや返品レポートは、たまに見るクセをつけておきましょう。

Amazonカテゴリの最新記事