Amazon自己発送やり方を詳しく解説。

Amazon自己発送やり方を詳しく解説。

仕入れに少し慣れてくると、

 

「これFBAより自己配送の方が儲かりそうだなぁ」

 

というケースを見極められるようになります。

 

特に少し大きめの商品だと、保管料の兼ね合いからこのケースがよく出てきます。

 

今回は、FBAとは対極の自己配送について

 

・配送の方手順

・メリット

・デメリット

 

の3点を解説していきます!

 

Amazon 自己発送とは何か?

 

detailed-explanation-of-amazon-self-shipping-way 2

 

AmazonではFBA出品の他に「自己配送」という出品方法があります。

 

これは名前の通り、Amazon.co.jpで売れたら自分自身で発送をするという方法です。

 

メルカリでの出品・配送と同じですね。

 

FBAとは違い、

 

「売れたことを確認」→「梱包」→「発送」→「完了の連絡」→「アフターケア」

 

というプロセスがあるため手間が増えます。

 

こう聞くと「面倒そうだな…」と感じますが、FBAとは違ったメリットもあり、さらなる利益を生むコツもあるんです。

 

ただし、この自己配送は工夫をしないと売れ行きに影響します。

 

わざわざ自己発送をセレクトする理由については明確に持ってください。

 

では、まず「Amazon 自己発送の手順」から見ていきましょう。

 

Amazon 自己発送の手順

 

detailed-explanation-of-amazon-self-shipping-way3

 

自己発送の手順は①~③です。

 

①商品の登録・出品

②梱包・配送

③発送の通知

 

1つずつ見ていきましょう。

 

【①商品の登録・出品】

 

まずは自己配送で売りたい商品の登録をします。

 

セラーセントラルTOPから「カタログ」→「商品登録」で売りたい商品をASINなどで見つけます

 

Detailed explanation of Amazon self shipping way4

 

商品の表示後、問題がなければ「出品する」をクリックします。

 

Detailed explanation of Amazon self shipping way5

 

(※出品者SKU:自由に使って良い商品管理番号、出荷作業日数:購入から何日で出荷するかの日数)

 

すると、出品情報画面へと移動するので、在庫数など必要事項を記入していきます。

 

自己配送では、このコンディション説明がかなり重要となります。

 

あなたがお客さんなら「これを見て買うか?」をよく考えて記入してください。

 

最後に最下部の「フルフィルメントチャンネル」に「自分で商品を発送する」を選びます。

 

記入ミスがなければ、「保存して終了」をクリックしましょう。

 

なんとこれだけで出品は完了です。

 

あとは売れるのを待つだけです。

 

【②梱包・配送】

 

もし商品が売れると、

 

Detailed explanation of Amazon self shipping way6

 

この「未出荷」の数字が1になります。

 

ここをクリックすれば「注文管理」画面へ行くので、

 

Detailed explanation of Amazon self shipping way7

 

「納品書の印刷」をクリックして、納品書を印刷してください。

 

もし、プリンターがなければネットワークプリントなどのサービスを利用しましょう。

 

続いて、納品書の上部の住所部分をハサミで切り、残りを納品書として商品に同封します。

 

納品書の同封はAmazonのルールで決められているので必ずしてください。

 

あとは、梱包した商品を配送すれば完了です。

 

【③発送の通知】

 

配送後、問題がなければ

 

Detailed explanation of Amazon self shipping way8

 

「出荷通知を送信」をクリックして、お客さんに商品を配送したことを伝えましょう。

 

初心者あるあるのひとつとして、この通知の「ど忘れ」があります。

 

お客さんが心配するだけでなくセラーアカウントの評価の悪化にもつながるので、必ずやってくださいね。

 

Amazon自己配送の手順は以上です。FBAと比べると簡単でしたね。

 

とはいえ、配送の遅延や通知忘れなどの凡ミスをやってしまうこともあります。

 

そうならないように、チェックシートを作るなどミスを事前に防ぐ工夫をしてください。

 

では、次は自己配送のメリット・デメリットについてまとめましたので学んでいきましょう。

 

Amazon 自己発送のメリットとは?

 

detailed-explanation-of-amazon-self-shipping-way9

 

まずはAmazon 自己発送のメリットを見てきます。

 

FBA利用と比べたとき、自己配送のメリットは4点あります。

 

①FBA手数料がかからない

②FBAでは利益が出づらい商品を扱える

③ショップの名刺などを同封して宣伝ができる

④170サイズ以上でも出品できる(FBAでは不可)

 

1つずつ見ていきましょう。

 

【①FBA手数料がかからない】

 

これは当然ですが、FBAを利用していないのでFBA手数料がかかりません。

 

Detailed explanation of Amazon self shipping way10

 

この場合だと、FBAでは1221円かかっていた手数料が自己配送だと0円です。

 

商品によっては、この1221円を節約したから稼げたというケースもあります。

 

【②FBAでは利益が出づらい商品を扱える】

 

「Amazon FBA長期保管手数料とは」でお話しましたが、FBAでは手数料の他に保管手数料がかかります。

 

大きめの商品だと、長期保管はそこそこ取られることもお伝えしました。

 

一方で、自己発送だとこの保管料は0円です

 

倉庫は自宅、もしくは外注さんのお宅ですので。

 

そのため、売れるのに1~3ヶ月はかかりそうな商品は、FBAではなく自己配送の方が利益が出やすいです。

 

【③ショップの名刺などを同封して宣伝ができる】

 

これは少し裏技ですが、自己配送だとサンキューカードやショップのチラシを入れることができます。

 

Detailed explanation of Amazon self shipping way11

 

実はこの何気無いカード、「袋が少し破れている」などの細かいクレームを減少させる効果があります。

 

人って不思議なもので「ありがとう」と先に言われてしまうと、悪いこと(過剰なクレーム)がしづらくなるんですね。

 

ネット転売でもそうですが、こういう顧客心理ってとても重要なので勉強しておいた方がいいです。

 

170サイズ以上はFBAではなく自己配送にしよう

 

detailed-explanation-of-amazon-self-shipping-way12

 

【④170サイズ以上でも出品できる(FBAでは不可)】

 

実は、Amazon FBAには170サイズ以上の商品が納品できません。

 

具体的には、下画像のような大型のプリンターやテレビですね。

 

Detailed explanation of Amazon self shipping way13

 

もし、このような大型商品で利益が出るものがあれば、FBAではなく自己配送で対応していきます。

 

このようなFBAを利用できない商品は、その分ライバルが減るため利益が取りやすいというメリットがあります。

 

170サイズを越えているからという理由だけで、機械的に仕入れ対象からはずす人は意外と多いです。

 

Amazon 自己発送のデメリットとは?

 

detailed-explanation-of-amazon-self-shipping-way14

 

続いて、Amazon 自己発送のデメリットを見てきます。

 

FBA利用と比べたとき、自己配送のデメリットは3点あります。

 

①配送の手間が増える

②アフターケアが必要

③FBAより売れづらい

 

1つずつ見ていきましょう。

 

【①配送の手間が増える】

 

FBAではなく自己配送にすると、1件1件配送作業をしなければいけません。

 

この作業は1日1件だけならいいですが、たくさんの在庫を持つと大変になります。

 

1件につき5分かかるとすれば「10件×5分=50分」と、ある程度の時間が取られてしまします。

 

【②アフターケアが必要】

 

FBAでは返品の要請があったとき、そのほとんどをAmazon側で処理してくれます。

 

これが自己発送となると、事務処理はもちろん検品や梱包の作業まで増えてしまいます。

 

【③FBAより売れづらい】

 

マケプレプライムという自己配送でもプライムマークをつけられるセラーを除き、FBAと同価格・同状態の商品ではFBAに勝つのは至難の技です。

 

Detailed explanation of Amazon self shipping way15

 

やはり、このマークは強いということですね。

 

こればっかりは、事実ですので何かしらの工夫や価格の安さなどで勝負せざるをえません。

 

まとめ

 

detailed-explanation-of-amazon-self-shipping-way16

 

今回はFBAとは対極の「自己配送」について、手順とメリット・デメリットを学んでいきました。

 

例えば、大きめの商品で「FBAだと少しリスキーかな?」というモノは、まず自己配送という戦略もありです。

 

Amazonで物販をやる上で、

 

「これFBAに送っても大丈夫かな??」

「これは自己配送だと利益が増えそう!」

 

というケースはよくあります。

 

このとき自己配送かFBAかを正しく選択できるようにしておきましょう。

Amazonカテゴリの最新記事