Amazon 大口・小口登録の違いを分かりやすく解説。

Amazon 大口・小口登録の違いを分かりやすく解説。

今回は「Amazon大口・小口登録の違いについて」について、

 

・大口出品者のメリットは?

・小口出品者だと何が困るか?

・大口出品者の隠れたメリットについて

 

の3つのポイントを解説していきます。

 

「大口と小口、どっちにしよう……」と迷っている方は、できれば“大口”がいいでしょう。

 

では、その理由をそれぞれのメリット、デメリットを照らし合わせて見ていきましょう!

 

Amazon大口と小口出品者の違うところ

 

An explanation of the difference of Amazon large lot · small retail registration in an easy-to-understand manner.2

 

 

Amazonでは大口と小口という2種類の出品者形態があります。

 

この2つの大きな違いは、まず月額登録料の有無です。

 

大口出品者には「4,900円」の固定費用が毎月かかります。

 

これは1商品も販売しなかったとしてもです。

 

一方で小口出品者の毎月の固定費用は「0円」です。

 

ですので、副業として物販(転売)をスタートさせたいけど、本格的な活動は数ヶ月先といった方は、まず小口出品者になることをおすすめします。

 

逆にそのような事情がない方なら、月額4,900円を惜しんで小口出品者を選ぶのはやめてください。

 

Amazonだけの収益で見ても、4,900円すらペイできないということはまずありえません。

 

さらに、小口出品者でも1商品あたりに100円の手数料(これは大口にはありません)がかかるので、どのみち大した節約にはならないのです。

 

今から本格的に副業、または本業として物販をやっていくなら「大口出品者」一択だと思ってください。

 

とは言え、今後稼いだあとに副業としての事業規模を落とすなら「大口→小口出品者」への移行もありえます。

 

ですので、念のため大口と小口の違いについて詳しく学んでおきましょう。

 

Amazon大口出品者のメリットとデメリットとは?

 

An explanation of the difference of Amazon large lot · small retail registration in an easy-to-understand manner.3

 

大口出品者にするメリットは3つあります。

 

1つ目が「カートを取得できる」という点です。

 

“カートを取得する”とは、商品ページの「カートに入れる」ボタンを押したときにあなたの在庫が優先的に売れることを意味します。

 

 

An explanation of the difference of Amazon large lot · small retail registration in an easy-to-understand manner.4

 

この赤枠のボタンですね。

 

言うまでもなく、カート取得はAmazonで稼ぐための最重要ポイントです。

 

2つ目が「購入者へ提供できる決済方法が多い」という点です。

 

An explanation of the difference of Amazon large lot · small retail registration in an easy-to-understand manner.5

 

Amazonで一番メジャーなクレジット決済は、どちらの出品形態でも大丈夫です。

 

ですが、コンビニ決済、代金引換、Edy払いの3つは大口出品者でないと、提供できないシステムになっています。

 

中でも、コンビニ決済と代金引換は購入者からの需要が高く、思っている以上に売上に影響するファクターだと思います。

 

正確なデータはありませんが、この2つの利用者は一定数いることは知っておきましょう。

 

3つ目が「出品者独自の配送料金を設定できる」という点です。

 

Amazonマーケットプレイスでの自己出品は大口出品者だと配送料が設定できます。

 

逆に小口出品者はできないんですね。

 

FBAだと送料無料なので関係ありませんが、自己発送のマーケットだとこの違いは大きく影響してきます。

 

なぜならAmazonでは購入客の多くが“送料無料”を当たり前だと思っています。

 

ですが、マーケットプレイスではそんなことなく、みんな送料がバラバラです。

 

その結果、マーケットプレイスの販売者の中でも送料設定がややこしい人(小口出品者)は、購入されづらいのです。

 

これは大口出品者になって、送料をわかりやすく設定し直せば解消できます。

 

ですので、「独自の配送」はすぐに設定することが大切です。

 

ちなみにデメリットは「月額4,900円」の固定費がかかることのみでしょう。

 

とはいえ、小口出品者でも1商品あたり100円の費用を徴収されるので、これは実質的にデメリットとは言いづらいです。

 

Amazon小口出品者のメリットとデメリットとは?

 

An explanation of the difference of Amazon large lot · small retail registration in an easy-to-understand manner.6

 

一方で、小口出品者のメリットは1つしかありません。

 

「月額4,900円」の固定費がかからないことです。

 

ですが、先ほども伝えたように、これはAmazonで販売活動していくなら非常に安いものです。

 

何より小口出品者でもどのみち、1商品あたり100円の費用を取られます。

 

ですので、固定費がかからないことがメリットになるケースは限られているでしょう。

 

たとえば、

 

・しばらく海外に行くため販売活動を休止する

・数ヶ月はほんのちょっとの商品しか売らない

 

などのケースが考えられます。

 

ですが、これから副業(本業)としてAmazonでの販売活動をしていく方なら、このケースには当てはまらないでしょう。

 

そのため、やはり「月額4,900円」の固定費がかからなくても、私たちセラーには小口出品者のメリットはゼロとなるのです。

 

ちなみに、小口出品者のデメリットは大口出品者としてのメリットをすべて享受できない点です。

 

Amazonで本格的に販売してい方なら、小口出品者を選ぶというのはデメリットが多くおすすめできません。

 

Amazon大口出品者の隠れたメリットとは?

 

An explanation of the difference of Amazon large lot · small retail registration in an easy-to-understand manner.7

 

ここまで大口出品者のメリットについてお伝えしてきましたが、最後にもうひとつの大切なメリットもお伝えします。

 

それは「月額4,900円」を払ってしまえばヤル気がでる、ということです。

 

少し精神論と思われるかもしれませんが、新しいことをやるときに一番大切なのは、リスクを先に取ってしまうことです。

 

つまり、さっさと大口出品者になってしまうことで「月額料金を払ったんだから、しっかりやろう!」という意気込みが勝手に湧いてきます。

 

基本的に“ヤル気”って金を出して買えるなら、バンバン買ったほうがいいので、この効果はバカにできません。

 

何事もそうですが、人って先に対価を払うと「絶対に取り戻してやる!」と考える生き物です。

 

もし、大口か小口かで迷っている方は、これを利用して自分を奮い立たせるのもありでしょう。

 

まとめ

An explanation of the difference of Amazon large lot · small retail registration in an easy-to-understand manner.8

 

今回は「Amazon大口、小口登録の違いについて」について、

 

・大口出品者のメリットとデメリット

・小口出品者のメリットとデメリット

・大口出品者の隠れたメリット

 

の3つのポイントをお話しました。

 

Amazonでの大口と小口出品者の選択は少し迷うポイントかもしれません。

 

しかし上述の通り、Amazonでの販売活動をしていくなら大口出品者の登録はほぼ必須ですので、ぜひ迷うことなく大口出品者を選んでください。

Amazonカテゴリの最新記事