AmazonFBA利用でどれくらい売れやすくなるかを解説。

AmazonFBA利用でどれくらい売れやすくなるかを解説。

今回は「FBAに出品するとどれくらい売れるか」について、

 

① なぜFBAが売れやすいのか

② FBAの費用対効果はどれくらいか

 

の2つのポイントに絞って解説をしていきます。

 

今まで「FBAを使いたいけどちょっとなぁ…」など半信半疑な方でも、その有用性に頷ける内容となっています。

 

では、みていきましょう!

 

FBAのメリットとデメリット

 

explain-how-easy-it-is-to-sell-using-amazon-fba2

 

Amazon FBAの利用にはメリットとデメリットがあります。

 

「Amazon FBA出品方法」でお伝えした通り、

 

メリット:梱包などの作業が減る、カートの取得率UP

デメリット:手数料を取られる、返品がAmazonのルールになる

 

このような良し悪しがあるのです。

 

ただし、FBAの利用は基本的に「メリット>デメリット」と思っていただいてOKです。

 

特に企業レベルではなく、個人レベルの転売ならなおさらでしょう。

 

これは今回紹介する「FBAの売れやすさ」の恩恵をフルに受けられるからです。

 

ここからは、この「売れやすさ」と「FBAの費用対効果」について具体的な解説をしていきます。

 

なぜFBAだと売れやすいか?

 

explain-how-easy-it-is-to-sell-using-amazon-fba3

 

Amazonでの購入経験があればご存知でしょうが、Amazon.co.jpの販売ページでは販売者と発送者の2点が明記されています。

 

Explain how easy it is to sell using Amazon FBA.4

 

 

販売者についてはFBAでも自己配送でも、その商品のカートを取っている人の名前が記載されます。

 

この場合はタイガー商会さんがカートを取得しているということです。

 

一方で、発送者の欄は、

 

・FBAなら「Amazon.co.jp」

・自己配送なら「その在庫を持っている人の店名」

 

が記載されます。

 

この点は非常に重要で、実は発送者の欄に「Amazon.co.jp」があるかないかで売れ行きが大きく変わるのです。

 

発送者がAmazon以外だと売れにくい!?

 

explain-how-easy-it-is-to-sell-using-amazon-fba5

 

例えばこの商品を見てください。

 

Explain how easy it is to sell using Amazon FBA.6

 

 

先ほどとは違い「Amazon.co.jp」の文字がありません。

 

ムラウチドットコムさんはFBAではなく、自己配送をしているということですね。

 

ここで質問です。これを見てどう感じますか?

 

「本当に届くかなぁ?騙されてないよね?」

 

「Amazon配送みたいに、すぐに来るかなぁ??」

 

こう感じませんか?(ムラウチドットコムさんに対して悪意は一切ありません)

 

もし私はそんなこと感じない…という方がいましたら、よく覚えておいてください。

 

Amazon.co.jpを利用する人の多くは、Amazonに対して絶大な信頼を寄せています。

 

「Amazonさんなら何を任せても大丈夫!」

 

ほとんどの顧客はこう思っています。

 

つまり、Amazon.co.jpで買い物をするのにわざわざAmazon以外の業者から買うメリットはないんですね。

 

とはいえ、さっきのタイガー商会さんの商品も販売者そのものはAmazon以外(タイガー商会さん)でした。

 

しかし、Amazonの利用客の多くは発送者にAmazon.co.jpの名前があるだけで、

 

「この商品の販売にはAmazonが関わっているから大丈夫!」

 

という感覚(錯覚)を持ちます。

 

ですので、FBAを利用するだけでこの部分にAmazonのネームブランドを添えられるというのは、とてつもなく大きなメリットなのです。

 

FBAだとカート取得率がUPする!

 

explain-how-easy-it-is-to-sell-using-amazon-fba7

 

FBAを利用するメリットはこれだけではありません。

 

特に新品は、FBA利用の有無で「カート取得率」が格段に上がります。

 

カートの取得とは、「カートに入れる」または「1-Clickで今すぐ買う」がクリックされたときに優先的にその人の在庫が売れる権利をいいます。

 

Explain how easy it is to sell using Amazon FBA.8

 

逆にFBAでないと、なかなかカートが取れないということです。

 

Amazonが正式に発表しているわけではありませんが、この傾向はあからさまです。

 

もしカートが取れないと、赤枠の「新品の出品:18」の部分がクリックされて、

 

Explain how easy it is to sell using Amazon FBA.9

 

なおかつ、この中からあなたの商品が選ばれなければいけません。

 

Explain how easy it is to sell using Amazon FBA.10

 

かなりハードルが上がってしまいますよね。だからこそ、カートの取得は最重要なのです!

 

また、例えばFBA利用者が少ない商品があるとします。

 

もし、そこに自分が『FBAで』参戦できればとてもカートが取りやすいというわけです。

 

さらにそのとき、販売価格をFBAではない出品者に合わせる必要はありません。

 

向こうはカートを取れないのですから。

 

ケースによっては、そこそこの利益を上乗せするこんな戦法も取れますね。

 

FBAと自己配送のコスパ比較

 

explain-how-easy-it-is-to-sell-using-amazon-fba11

 

ここまでFBAを利用するメリットである「売れやすくなる」についてみてきました。

 

しかし、どれだけ売れるといってもその手数料が高いとわりに合いません。

 

ですので一度、両者の費用面の比較をみてみましょう。

 

比較に使う商品は、先ほどのタイガー商会さんの高級炊飯器(ASIN:B07B3JSM46)です。

 

Explain how easy it is to sell using Amazon FBA.12

 

この比較にはAmazon公式シュミレーターがあるので、それを活用します。

 

「FBA料金シュミレーター使い方」のページに詳細が載っているので、ご参照ください。

 

今回のシュミレートでは、

 

・炊飯器の販売価格を79300円

・自己配送料を1000円

・Amazonへの納品(FBA納品費用)を200円

(※FBAへの納品は複数商品をダンボールに混在できるため)

・商品原価を30000円

 

と設定しました。

 

Explain how easy it is to sell using Amazon FBA.13

 

【FBA】

出品手数料:7930円

コミコミの配送料:1421円(1221円+200円)

純利益:39949円

純利益率:50%

 

【自己配送】

出品手数料:7930円

コミコミの配送料:1000円

純利益:40370円

純利益率:51%

 

ふたつの差をじっくり見ていくと、一番大切な純利益の差が約400円しかないことがわかります。

 

Explain how easy it is to sell using Amazon FBA.14

 

利益率で見るとたった1%の差しかありません。

 

FBAシュミレーターの結果からわかること

 

explain-how-easy-it-is-to-sell-using-amazon-fba15

 

このように、FBAと自己配送を比較すれば、FBAのコスパの良さがわかります。

 

もちろん商品の大きさで配送料・保管料が変わるため、ベターな方法はその都度変わります。

 

しかし、私たちが転売で扱う多くの商品では、FBAでも自己配送でも最終的な利益はそれほど変わりません。

 

そのため、売れやすく配送の手間が減るFBAを使わない理由がないという結論にいたります。

 

まとめ

 

explain-how-easy-it-is-to-sell-using-amazon-fba16

 

今回はFBA出品ではどれくらい売れそうかを、

 

・なぜ売れやすいか?

・費用対効果はどれくらいか?

 

の2つの視点から解説しました。

 

これからあなたが仕入れる商品の多くは、FBAの方が儲かりやすく手間も省けて一石二鳥です。

 

ですので、FBAは積極的に活用しましょう。

 

ただし、洗濯機レベルの大型商品となると少しだけ事情が変わります。

 

この話題は「Amazon FBA長期保管手数料とは」のページで触れるので、そちらもご覧ください!

Amazonカテゴリの最新記事