ラクマ登録方法を分かりやすく解説。

ラクマ登録方法を分かりやすく解説。

今回は「ラクマ」の登録方法をわかりやすく解説していきます。

 

ラクマはメルカリとちがい、SMSではなく音声認証でのアカウントの登録ができます。

 

そのため、メルカリが使えない方が愛用しているかもしれません。

 

そういうお宝を逃さないために、ラクマの登録もしっかりしておきましょう!

 

まずはメール・パスワードの登録をしよう

 

explain-how-to-register-rakuma-easily2

 

まずはアプリをダウンロードします。

 

URLがfril(フリル)となっていますが、安心してください。

 

これはラクマが「フリル+旧ラクマ」として生まれたサービスだからです。

 

【iOS】

https://itunes.apple.com/jp/app/fril/id523497998

 

【Android】

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.fablic.fril

 

ダウンロードが終了したら、アプリを開いて進んでください。

 

そうすると、このように新規登録を求められます。

 

explain-how-to-register-rakuma-easily3

 

ラクマでは、

 

⒈メールアドレスで新規登録

⒉Googleで新規登録

⒊楽天IDで新規登録

 

の3パターンの登録方法があります。

 

できるかぎり「⒈メールアドレスで新規登録」をしましょう。

 

物販をやるなら私用ではなく専用アカウントを作っておくべきです。

 

その方が後々、管理がしやすくなり効率的に物販ビジネスを進められます。

 

メールアドレスは管理のしやすさからGmail(無料)がオススメです。

 

「⒈メールアドレスで新規登録」をタップすると、

 

explain-how-to-register-rakuma-easily4

 

このような画面に進むので

 

・ニックネーム

・メールアドレス

・パスワード

・生年月日

・性別

 

を入力します。

 

生年月日と性別以外は後から変更が可能です。

 

explain-how-to-register-rakuma-easily5

 

画面を下へ行くとこのように、招待コード(任意)の入力とチェックボックス(利用規約)が2点あらわれます。

 

問題がなければ同意して「登録する」を押しましょう。

 

SMSで認証番号を受け取ろう

 

explain-how-to-register-rakuma-easily6

 

そうすると、このように携帯電話番号の記入を求められます。

 

explain-how-to-register-rakuma-easily7

 

スマホにSMS機能がある方は番号を記入し「SMSに認証番号を送信」をタップします。

 

explain-how-to-register-rakuma-easily8

 

すぐスマホに認証番号が届くので、この番号をアプリに記入してください。

 

explain-how-to-register-rakuma-easily9

 

番号が合っていれば、このようにラクマにログインできます。

 

登録お疲れさまです。ここからラクマのスタートです!

 

ちなみに、メルカリではSMS認証が必須でしたがラクマでは、

 

explain-how-to-register-rakuma-easily10

 

explain-how-to-register-rakuma-easily11

 

このように音声通話での認証もできます。

 

入力した電話番号に自動音声が流れてくるので、そこで案内された4桁の番号を認証に使います。

 

SMS機能付きのスマホがない人でも、固定電話さえあれば登録ができるので便利ですね。

 

ログインしてはじめにやること

 

explain-how-to-register-rakuma-easily12

 

ラクマの登録手順は以上ですが、ついでにオススメの初期設定もやっておきましょう!

 

ここからはiOSとAndroidで少し画面が異なるので、それぞれ説明します。

 

登録後にすぐにやっておきたいことは、

 

・住所の設定

・プロフィールの編集

・通知の設定

 

の3点です。ひとつずつ見ていきましょう。

 

まずは「設定」を開きます。

 

【iOS】

 

explain-how-to-register-rakuma-easily13

【Android】

explain-how-to-register-rakuma-easily14

iOSは右下の「マイページ」→「設定」、Androidは左上の「三マーク」→「設定」をタップしてください。

 

【iOS】

explain-how-to-register-rakuma-easily16

【Android】

explain-how-to-register-rakuma-easily17

 

するとそれぞれこのような設定画面が出てくるので、

 

「①連絡先・住所の設定」→「②ショップ・プロフィールの設定」→「③プッシュ通知の設定」

 

の順に設定をやっていきます。

 

オススメの初期設定(3つ)

explain-how-to-register-rakuma-easily18

 

①「連絡先・住所の設定」では、

 

・氏名

・住所

 

の登録を行います。商品の仕入れには必須情報なので、正しく記入してください。

 

記入ミスはトラブルの原因です。必ず見直しましょう。

 

②「ショップ・プロフィールの設定」では、購入者としてのプロフィールを記入します。

 

explain-how-to-register-rakuma-easily19

自己紹介(軽い挨拶)とアイコンは、メリットだらけなので入れておきます。

 

ここが空欄だと、取引相手に不安を与えてしまいます。ぜひ記入しておきましょう!

 

ショップのプロフィールは、ラクマで売る予定がなければ空欄のままでOKです。

 

③「プッシュ通知の設定」では、ラクマからの最新情報など不要なもののチェックを外しておきます。

 

ちなみに、ラクマではクレジットカードの登録を購入時に行います。

 

explain-how-to-register-rakuma-easily20

 

explain-how-to-register-rakuma-easily21

 

事前の設定はできないので、購入時にあわてないようカードはすぐ出せるように用意しておきましょう。

ラクマとメルカリは何がちがう?

 

explain-how-to-register-rakuma-easily22

 

では、最後にラクマとメルカリで「何がちがうか?」ついて簡単に見ていきます。

 

大きなちがいは、「①販売手数料」「②購入申請の有無」「③ダウンロード数」の3点です。

 

それぞれ見ていきましょう!

 

①『販売手数料』

メルカリ:10%

ラクマ:3.5%

 

ラクマが唯一メルカリに勝っている点です。

 

ただし、差の7.5%分を安くしているかは売り手次第です。

 

どちらも同価格で買い手は得しないケースが半分以上あるように思います。

 

②『購入申請の有無』

メルカリ:なし

ラクマ:あり

 

購入申請とは、売る側が誰に売るか選べるシステムです。

 

買う側からするとひと手間増えるので、良いものとはいえません。

 

メルカリの方が買い手に優しいアプリといえるでしょう。

 

③『ダウンロード数』

メルカリ:5000万(2017年時点)

ラクマ:600~1000万(2017年時点)

(※ラクマは旧ラクマとフリルを合わせた数)

 

これを見ると、メルカリが圧倒的シェアを誇っていることがわかります。

 

売り手としても、わざわざ購入客が少ないラクマよりメルカリを選びます。

 

仕入れる側としてはメルカリは王道、ラクマは大穴のような使い分けがいいでしょう。

まとめ

explain-how-to-register-rakuma-easily23

今回はラクマの登録方法とオススメの初期設定についてみていきました。

 

メルカリに続きラクマでもスムーズに登録をして、初期設定もしっかりとやっておきましょう。

 

ちなみに、メルカリと同じくラクマにもPC版(https://fril.jp)があります。

 

アプリのアカウントでログインができて、スマホと同じように取引することが可能です。

 

用途によってアプリ版とPC版を使い分けるのもありでしょう。

フリマカテゴリの最新記事