【外注化】クラウドワークス使い方を分かりやすく解説!

【外注化】クラウドワークス使い方を分かりやすく解説!

今回はオススメの外注化サービス『クラウドワークス』について、

 

・クラウドワークスのとは何か?

・クラウドワークスはどう使えばいい?

・クラウドワークスのメリットとは?

 

の3つのポイントをわかりやすく解説します。

 

物販に限らず、ビジネスは外注化がマストです。

 

どんな作業でもひとりでこなせるスーパーマンでも、時間的な制約には勝てません。

 

誰かが出来る作業は、クラウドワークスを使って、人に任せていきましょう!

 

そうすれば、もっと大切なことに時間が掛けられるようになります。

 

外注化に便利!クラウドワークスとは?

 

explain-how-to-use-recommended-cloud-work-in-an-easy-to-understand-way2

 

クラウドワークスとは、人気のアウトソーシングサービスです。

 

クラウドソーシングとも言います。

 

国内だと他に、ランサーズやココナラ、シュフティも人気がありますね。

 

クラウドワークスとランサーズは、この中でも大手です。

 

さまざまな作業や仕事を外注化でき、発注も受注もカンタンにできます。

 

たとえば、あなたが物販をやりたいけれど、忙しくて発送作業ができないとしましょう。

 

そんなときは、クラウドワークスで発送業務を依頼してください。

 

これで発送作業ができなくても物販ビジネスに参入できます。

 

一定のコストがかかりますが、それ以上のリターンが期待できれば問題ありません。

 

ビジネスは自分のチカラで切り開くことも大切ですが、他人のチカラを借りることも重要です。

 

その最たるものが法人化し、社員を雇うことですが、スタートアップ時にはむずかしいでしょう。

 

そんなとき使えるのがクラウドワークスというワケです。

 

クラウドワークスで外注化する方法〜会員登録〜

 

explain-how-to-use-recommended-cloud-work-in-an-easy-to-understand-way3

 

クラウドワークスで外注化する方法はカンタンです。

 

explain-how-to-use-recommended-cloud-work-in-an-easy-to-understand-way4

 

まずはクラウドワークスhttps://crowdworks.co.jpに会員登録しましょう。

 

explain-how-to-use-recommended-cloud-work-in-an-easy-to-understand-way5

メールアドレスを入力して「会員登録する」をクリックしてください。

 

FaceBookなどから登録してもいいですが、特にメリットはないので、メールアドレスがおすすめです。

 

クラウドワークスには月額利用料金などの固定費用はかかりません。

 

発注がより便利になるオプションを申し込めばかかりますが、必要になったらでOKです。

 

explain-how-to-use-recommended-cloud-work-in-an-easy-to-understand-way6

 

クラウドワークスでは、発注者と受注者で別々に登録する必要がありません。

 

TOP画面の右上から「クライアント(発注者)メニュー」と「クラウドワーカー(受注者)メニュー」が切り替えられます。

 

このような操作感の良さもクラウドワークスの魅力でしょう。

 

クラウドワークスで外注化する方法〜仕事依頼①〜

 

explain-how-to-use-recommended-cloud-work-in-an-easy-to-understand-way7

 

会員登録が済んだら、すぐにでも仕事を依頼できる状態になります。

 

ですが、その前に少しだけプロフィールを編集してください

 

自分のアイコン画像を変更したり、自己紹介を記入したりしましょう。

 

受注者ほど重視されませんが、クラウドワーカーの多くが、なるべく信頼できるクライアントとお仕事したいと思っています。

 

ですので、写真がデフォルトのままだったり、自己紹介が空欄だったりすると、良いワーカーほど逃げていくのです。

 

プロフィールが充実したら、実際に仕事を発注していきます。

 

explain-how-to-use-recommended-cloud-work-in-an-easy-to-understand-way8

 

まずは、上部バナーの「新しい仕事を依頼」をクリックしてください。

 

explain-how-to-use-recommended-cloud-work-in-an-easy-to-understand-way9

 

そうすると、このように発注のテンプレートページに移動します。

 

仕事内容や予算、依頼文を埋めていきます。

 

explain-how-to-use-recommended-cloud-work-in-an-easy-to-understand-way10

 

また、クラウドワークスでは仕事形式に「プロジェクト」と「タスク」があり、どちらを選ぶか任意です。

 

プロジェクトはあなたが選んだワーカーと、話し合いながら仕事を進める方法です。

 

タスクは不特定多数に作業をしてもらう方法で、アンケートやカンタンな作業に適しています。

 

納品物を見てから支払いするかどうか、決められるのがメリットですね。

 

物販の外注化だとプロジェクト形式が適しているので、基本的にはこちらを選びましょう。

 

クラウドワークスで外注化する方法〜仕事依頼②〜

 

explain-how-to-use-recommended-cloud-work-in-an-easy-to-understand-way11

 

テンプレートをどんどん埋めていくと、予算と支払方法を選ぶ項目が出てきます。

 

explain-how-to-use-recommended-cloud-work-in-an-easy-to-understand-way12

 

支払い方法には「固定報酬制」と「時間単価制」の2種類があります。

 

特にこだわりがなければ「固定報酬制」を選びましょう

 

あらかじめ依頼する仕事に対し、〇〇円と決めてから契約する方法です。

 

一般的な依頼方法ですね。

 

後者の「時間単価制」は、作業量が分からない中長期に渡る依頼に使います。

 

使うメリットが限られてくるので、基本的には「固定報酬制」でこと足りると覚えておいてください。

 

explain-how-to-use-recommended-cloud-work-in-an-easy-to-understand-way13

 

最後に応募期限と納品希望日を設定します。

 

応募期限はあまりに長いと、ワーカーがほかの依頼に流れてしまいがちです。

 

仕事の依頼は何度でも出せるので、短めにして“緊急性”を演出してください。

 

残り21日の依頼よりも、残り3日の依頼のほうがすぐに人が集まります。

 

多くのワーカーを集めてから、ちゃんとしてそうな人を選びたいところですね。

 

納品希望日はワーカーと話し合って変更できるので、ある程度の目安を記入しておきます。

 

クラウドワークスで外注化するメリット

 

explain-how-to-use-recommended-cloud-work-in-an-easy-to-understand-way14

 

クラウドワークスで外注化するメリットは「募集力の高さ」と「利用料金の妥当さ」です。

 

国内最大のクラウドソーシングサービスなので、適切な条件を提示すればすぐにワーカーが集まります。

 

質を下げてもいいのであれば、驚くほど安い金額でも依頼を引き受けてくれます。

 

実績がある人には依頼が多く集まるので、それなりの料金が必要です。

 

その中間層を募集してもいいでしょう。

 

このように、ワーカーがたくさんいるクラウドワークスだからこそ、依頼側は人を選べるのです。

 

また、クラウドワークスの料金システムは「ワーカーが負担する」と決まっています。

 

ですので、依頼側は報酬以上のお金を払わなくていいのです。

 

募集を目立たせるなどの追加オプションを使わない限り、あなたはクラウドワークスの利用料を払う必要がありません。

 

そのため、リアルで人を雇うよりも大きくコストダウンできるワケです。

 

まとめ

 

explain-how-to-use-recommended-cloud-work-in-an-easy-to-understand-way15

 

今回は「オススメの外注化サービス『クラウドワークス』」について、

 

・クラウドワークスの概要

・クラウドワークスの使い方

・クラウドワークスを利用するメリット

 

の3点を解説しました。

 

副業として物販ビジネスをやっていくと、時間がなくなることに気づきます。

 

稼いでいれば嬉しい悲鳴なのですが、働きながらだと、どうしても限界があります。

 

そんなときは、この記事を参考にし、作業の一部をクラウドワークスで外注化しましょう!

物販カテゴリの最新記事