【キャリヤ下取りはもったいない】中古のiPhoneを高く売る4つのポイント!

【キャリヤ下取りはもったいない】中古のiPhoneを高く売る4つのポイント!

今回は「iPhoneを高く売るコツ」について、

 

・iPhone転売に違法性はあるのか?

・iPhoneをどこで転売すればいいか?

・iPhoneを高くるための4つのコツ

・スマホ転売で絶対に破ってはいけない法律

 

の4点を解説していきます。

 

iPhone転売はどのプラットフォームでも価格が安定しているので、仕入れがしやすいです。

 

急落の心配がほぼないので、ぜひ初心者でも挑戦してみてください!

 

iPhoneの転売に違法性はないか?

 

four-points-to-sell-used-second-hand-iphone2

 

iPhoneの転売には違法性がありません

 

ただし、中には違法な転売方法もあります。

 

たとえば、iPhone転売で逮捕された事例が「脱獄(ジェイルブレイク)」です。

 

four-points-to-sell-used-second-hand-iphone3

 

 

iPhoneには脱獄と呼ばれる、端末の限界を突破する方法があります。

 

脱獄をすることとで、制限されているコンテンツやツールが使えるワケですね。

 

Apple社は端末の改造にうるさく、正規品であっても修理対象から外れるほどです。

 

そのため、このような改造端末の転売は厳しく罰せられます。

 

Apple社から商標権侵害で訴えられると、まず勝ち目はないのでやめておきましょう。

 

また、ほかにもiPhone転売にまつわる逮捕話がありますが、そのほとんどが“転売”以前のポイントで捕まっています

 

たとえば、転売目的のiPhoneを誰かに買わせて、その購入費を払わなかったりなど。

 

「iPhoneだから」という理由ではありません。

 

ですので、iPhoneの転売はほかの商品と同じで、普通にしていれば問題ないと知っておいてください。

 

iPhoneをどこで転売すべきか?

 

four-points-to-sell-used-second-hand-iphone4

 

iPhoneを転売するなら、店舗ではなくオークションがおすすめです。

 

なぜなら「高く売れるから」ですね。

 

たとえば、店舗で50000円で売れるiPhoneなら、オークションだと60000〜80000円で売れるでしょう。

 

four-points-to-sell-used-second-hand-iphone5

 

 

こちらはメルカリでのiPhoneXR(新品)の転売価格です。

 

約80000円ですので、なかなか良い売値でしょう。

 

four-points-to-sell-used-second-hand-iphone6

 

一方、こちらは秋葉原の有名ショップ「イオシス」の買取価格です。

 

同じ商品にもかかわらず、20000円以上の差額が出ていますね。

 

ですので、iPhoneを転売するなら“オークション”にしてください。

 

iPhoneをオークションで転売する4つのコツ

 

four-points-to-sell-used-second-hand-iphone7

 

iPhoneをオークションで高く転売するコツは“4つ”あります。

 

この手間をかけるかどうかで、大きく利益が変わってくるので、しっかりチェックしておきましょう。

 

コツ①「オークションの比較」

 

1つ目のコツが「オークションの比較」です。

 

iPhoneに限りませんが、モノの相場はオークションごとに異なります。

 

似たような商品がオークションによって異なるのではなく、まったく同じ商品でも売価が変わるのです。

 

だから、iPhoneを高く売りたいなら各オークションの相場を調べてください。

 

four-points-to-sell-used-second-hand-iphone8

 

 

調べるときは「オークファン(https://aucfan.com/)」などの比較サイトがおすすめです。

 

four-points-to-sell-used-second-hand-iphone9

 

 

ここから一番高く売れているサイトを探せば、iPhoneを効率的に転売できるワケです。

 

コツ②「中古なら付属品を揃える」

 

2つ目のコツが「中古なら付属品を揃える」です。

 

新品のiPhoneを転売するなら心配ありませんが、中古なら“付属品”を揃えてください

 

ジャンルによりますが、中古商品は付属品や箱が完備されていると、売値が上がります。

 

four-points-to-sell-used-second-hand-iphone10

 

 

four-points-to-sell-used-second-hand-iphone11

 

 

たとえば、上記の2つはほぼ同状態のiPhone8(状態:やや傷あり)ですが、10000円の差が出ています。

 

上は付属品完備で、下は欠品ですね。

 

iPhoneの付属品は安ければ1000円、高くても数千円で集まりますので、付属品は完備させるべきなのです。

 

コツ③「写真の撮り方」

 

3つ目のコツが「写真の撮り方」です。

 

iPhoneなどの高額商品は、写真の撮り方で売価が変わります。

 

大げさではなく、10000〜20000円変わると思ってください。

 

もしオークションでスマホを転売するなら、撮影環境を整えましょう。

 

four-points-to-sell-used-second-hand-iphone12

 

 

やり方は色々ありますが、100円均一にあるグッズで揃います。

 

間違ってもフローリング直置きの撮影はやめてください。

 

コツ④「説明文の工夫」

 

4つ目のコツが「説明文の工夫」です。

 

iPhoneなどの精密機械を転売するとき、“動作確認”の不安ポイントを書く人がいます。

 

結論から言うと、動作確認はしっかり行い事実をそのまま書いててください。

 

動かないなら「動きません。」と書けばいいですし、動くなら「動作確認済み、使用にあたって一切の問題はありません。」と書けばいいのです。

 

four-points-to-sell-used-second-hand-iphone13

 

 

上記のように「もしかすると壊れているかもしれない……」と保険を打つ文章はやめてくださ。

 

たしかに万が一があるので、保険を打ちたくなる気持ちはわかります。

 

ですが、その文章によってかなりの人が買い気を無くすことを知りましょう。

 

万が一の故障があった場合は、アフターフォローすればいいのです。

 

その際コストが掛かっても、トータルではグンと利益が伸びます。

 

高く売る以前に知っておかなければいけない法律!

 

four-points-to-sell-used-second-hand-iphone14

 

スマートフォンを転売するとき「携帯電話不正利用防止法」を守らなければいけません。

 

“通話SIM”を入れたままの転売は禁止というルールです。

 

犯罪での携帯電話の使用を防止するためでしょう。

 

この法律を転売目的で破った場合、2年以下の懲役または300万円以下の罰金がかされます。

 

知らなかったでは済まないので、絶対に守ってください!

 

まとめ

 

four-points-to-sell-used-second-hand-iphone15

 

今回は「iPhoneを高く売るコツ」について、

 

・違法性について

・転売する場所

・高くるためのコツ

・スマホ転売の禁止事項

 

の4つのポイントをお話しました。

 

iPhoneは発売されてから今まで、売価が安定し続けている商品です。

 

転売において、価格が崩れないことは正義でしかありません。

 

価格が崩れないと、仕入れの判断がしやすいからです。

 

ですので、初心者の方でもぜひ“iPhone転売”にチャレンジしてみてください!

転売カテゴリの最新記事