メルカリ売上金の受け取り方法!

メルカリ売上金の受け取り方法!

今回は「メルカリの売上金」について、

 

・どうやれば“現金”でもらえるの?

・受け取るときの手数料はいくら?

・申請期限の猶予はどれくらいある?

 

の3つの疑問を解消していきます。

 

せっかくメルカリでたくさん売ったのに、売上金が全部没収された……とならないよう、しっかりと“売上金受け取りルール”を学んでください!

 

メルカリの売上金を受け取る方法

 

How to receive Mercury sales proceeds!2

 

あなたがメルカリで商品を売った場合、相手からお金が振り込まれます。

 

これが“売上金”ですね。

 

ずっと販売をしていると、メルカリ内で売上金がどんどん貯まっていきます。

 

メルカリでは自分から申請することで、売上金を手に入れられます。

 

具体的には、以下4つのステップを踏んでください。

 

①「設定」をタップする

②「売上・振込申請」をタップする

③「振込申請して現金を受け取る」をタップする

④口座情報を入力して申請する

 

ひとつずつ見ていきましょう。

 

①「設定」をタップする

 

How to receive Mercury sales proceeds!3

 

まずはトップ画面から「設定」をタップしてください。

 

②「売上・振込申請」をタップする

 

How to receive Mercury sales proceeds!4

 

設定画面で「売上・振込申請」を選びます。

 

③「振込申請して現金を受け取る」をタップする

 

How to receive Mercury sales proceeds!5

 

 

現在の売上などが表示されるページに移動するので、銀行振込したい場合は「振込申請して現金を受け取る」をタップします。

 

④口座情報を入力して申請する

 

How to receive Mercury sales proceeds!6

 

 

以前に銀行振込をしていればその情報が表示されています。

 

していなければ手持ちの口座情報を新規登録しましょう。

 

口座番号などにミスがないか確認して「次へ」をタップします。

 

ここでの記載ミスで振込が完了しなかった場合、手数料が無駄になるので気をつけてください。

 

メルカリの売上金を銀行口座に振り込む手数料

 

How to receive Mercury sales proceeds!7

 

メルカリの銀行口座振込手数料は2種類あります。

 

ひとつが申請額1万円未満のパターンで「210円」がかかります。

 

地味に高いですよね。

 

もうひとつが1万円以上のパターンで、その場合は「無料」です。

 

ですので、メルカリで売上金の申請をするなら、“売上金1万円以上”が定石です。

 

売上金振込の申請は、メルカリで販売していくなら多くなるのでそうしましょう。

 

また手数料無料でも、口座情報が間違っていると、再振込手数料210円を取られるので気をつけてください。

 

売上金の振込スケジュールには決まりがある

 

How to receive Mercury sales proceeds!8

 

メルカリの売上金振込には、スケジュールがあります。

 

2018年10月現在では、振込申請の締め切りが「毎週月曜日」となっています。

 

締め切りまでに振込を申し込んだお金は、その4営業日後に振り込まれます。

 

たとえば、10月1日(月)までの申請なら、4日後の10月5日(金)の振り込みです。

 

10月2日(火)から10月8日(月)までの申請なら、4日後の10月12日(金)に振り込まれます。

 

「月曜締め切りの金曜振込」と覚えておいてください。

 

ただし、金曜日が祝日の場合は“さらに翌週の月曜日”が振込日になります。

 

つまり、申請期限から実際の振込まで1週間かかるワケですね。

 

金曜日が祝日になっているときは気をつけてください。

 

また、このルールはまれに変わります。

 

その際はメルカリのお知らせで事前の告知があるでしょう。

 

メルカリの売上金を早く受け取れる2つのコツ

 

How to receive Mercury sales proceeds!9

 

メルカリの売上金を早く受け取るコツは2つあります。

 

1つ目が「サイクルをしっかり把握すること」です。

 

上記の振込サイクルのルールから、火曜日の申請では最大翌々月曜日の振込になってしまいます。

 

たとえば、2018年11月23日は祝日です。

 

そのため、11月14日(火)の振込申請は、11月19日(月)が締め切りで、翌週26日(月)の振込になってしまいます。

 

申請から12日間もかかってしまうワケですね。

 

ですので、締め切り日をしっかり意識して振込申請をするのが大切です。

 

2つ目が「お急ぎ振込を使うこと」です。

 

昔はなかった機能なので、使ってない方も多いかもしれません。

 

これは振込手数料とは別に、200円を支払うことで受けられるサービスです。

 

振込申請画面で「お急ぎ振込【選択してください】」の「【選択してください】」をタップして、「利用する」を選ぶことで使えます。

 

スピードは早く、営業日0時から8時59分までの申請なら“翌営業日”、9時から23時59分までの申請なら“翌々営業日”に振り込まれます。

 

キャッシュフローが厳しいときには、ぜひ使ってください。

 

売上金消滅!?売上金の有効期限には要注意!

 

How to receive Mercury sales proceeds!10

 

メルカリの売上金には「振込有効期限」があります。

 

カンタンに言うと、この期限をすぎたらあなたのお金を没収します、といったものですね。

 

すごく乱暴なルールですが、メルカリの決まりなので仕方ありません。

 

2018年9月27日からは、期限が「180日」となっています。

 

約3ヶ月の放置で売上金が没収されるので、気をつけてください。

 

ただし、もしあなたが銀行口座をすでに登録していれば、このルールに怯える必要はありません。

 

なぜなら、振込期限後に勝手に銀行振込されるからです。

 

一方、登録していないなら本当に気をつけましょう!

 

このケースは最悪、売上金がまるまる没収されてしまいます。

 

How to receive Mercury sales proceeds!11

 

 

個別にメルカリ事務局に連絡すれば、「今回に限り返金させていただきます」という慈悲もあるようです。

 

ですが、ケースによっては全額没収されるので、絶対に忘れず振込申請をしておきましょう。

 

100〜500円など、申請するほどの金額でないなら、メルカリ内で消費してしまうのも手です。

 

切手やQUOカードなど、持っておいて損がないモノの購入がおすすめです。

 

まとめ

 

How to receive Mercury sales proceeds!12

 

今回は「メルカリの売上金」について、

 

・売上金の受け取り方

・売上金の振込手数料

・売上金の申請期限

 

の3つのポイントをお話しました。

 

メルカリでは申請期限がすぎた売上金が、最悪没収されます。

 

実際にはほとんど戻ってくるかもしれませんが、そのリスクをわざわざ負う必要はありません。

 

ここで学んだ「売上金の受け取り方」に関するポイントは、しっかり覚えておいてください。

フリマカテゴリの最新記事