【売上アップ確実】Amazonのコンディション説明の書き方ポイント!

【売上アップ確実】Amazonのコンディション説明の書き方ポイント!

今回は「Amazonのコンディション説明の書き方」について、

 

・なぜコンディション説明が重要なのか

・どう書けばいいのか

・見やすく書きにはどうすればいいのか

 

の3つのポイントを解説していきます。

 

Amazonで中古販売する人にとっては必須のスキルですので、ぜひ今回の記事でコンディション欄の上手な書き方をマスターしてください!

 

Amazonのコンディション説明とは?なぜ必要?

 

how-to-write-amazons-condition-explanation-point2

 

Amazonにはコンディションを文字によって説明するスペースがあります。

 

まずは、この文字にはどのような効果があるのか見てみましょう。

 

how-to-write-amazons-condition-explanation-point3

 

上の販売者はコンディションに何も書いておらず、下の販売者はきっちりと書いています。

 

実は、Amazonでは中古のコンディションを空欄にすると売上が減るのです。

 

たとえば、あなたがリサイクルショップで洗濯乾燥機を選んでいるとします。

 

そのとき安くて良さそうなものがあったので、店員さんに「これって状態どんなもんなの?」と軽い質問を投げかけました。

 

その質問に対して、店員さんが「……」と無言だったらどうですか?

 

まず買いませんよね、すごく怪しいです。

 

あなたは「何か言えないことでもあるのかな?」とか「ちゃんと説明できない人から買いたくない」と感じるでしょう。

 

Amazonで中古商品のコンディションが空欄というのは、お客さんにこのような悪印象を与えているのと、まったく同じです。

 

そのため、コンディション欄を面倒だからと空欄にせず、しっかりと書いてください。

 

中古の売れ行きは“コンディション説明”に左右される

 

how-to-write-amazons-condition-explanation-point4

 

中古商品のコンディションを記入できていれば、まずは第一段階はクリアです。

 

ですが、このコンディション説明を文字で埋めているだけの人は、かなりもったいないことをしています。

 

なぜなら、この説明をうまくすることで、ライバルよりも1個も2個も多く売れるからです。

 

中古販売では「写真撮影」も重要ですが、このコンディション欄の文章力も非常に大切になってきます。

 

たとえばAmazonで古本を買うときに、

 

「日焼けあり。使用感あり。破れなし。」

「経年相応の汚れ・ダメージが見られますが、読む分には支障のない程度です。」

 

の2つの文章があった場合、値段と表記コンディションが同じなら下を書いませんか?

 

情報量が同じでも、その書き方に誠意が見られるかどうか?も重要なポイントというわけです。

 

実際に上のようなぶっきら棒な文章を好む人もいますが、かなりマイノリティーでしょう。

 

Amazonで販売数を伸ばしたいのであれば、マジョリティーに合わせてください。

 

コンディション説明には何を書けばいいか

 

how-to-write-amazons-condition-explanation-point5

 

Amazonのコンディション説明欄に書くべき情報は大きく分けて2つあります。

 

ひとつが「商品のコンディション情報」、もうひとつが「発送日などのプラスα情報」です。

 

前者の「商品のコンディション情報」には中古として、どの程度痛んでいるのか、何ができて、何ができないのか、などを記入しましょう。

 

もちろん真実のみ書いてください。

 

おすすめする項目は、

 

・動作について

・付属品の有無

・見た目のよごれ、割れ、キズ

 

です。

 

how-to-write-amazons-condition-explanation-point6

 

 

このセラーさんのようにお客さんが知りたいことを、シンプルに記載しましょう。

 

後者の「発送日などのプラスα情報」には発送者として、どのようなサービスを提供しているかを記入します。

 

おすすめする項目は、

 

・いつ発送できるか?

・返品交換はできるか?

・保証期間を付けるなら期間がどれくらいか

 

です。

 

how-to-write-amazons-condition-explanation-point7

 

 

エコスタさんのように、購入リスクが低いということをしっかりアピールできれば売上は上がります。

 

Amazonの販売者の半分以上はただ出品しているだけなので、このような工夫をするだけで、その半分を出し抜くことができます。

 

コンディション説明に書かなくていいこと

 

how-to-write-amazons-condition-explanation-point8

 

上記では書くべきことを解説しましたが、実は「書かなくていいこと」もあります。

 

まず前提として知ってほしいのが「買う気をなくすことは書かない」ということです。

 

これはウソを書いてくださいと言っているわけではなく、Amazonのコンディション表示(「中古:ほぼ新品」など)以上に説明する義務はないという意味です。

 

how-to-write-amazons-condition-explanation-point9

 

たとえば、中古本についてAmazonコンディションガイドラインでは上のようにアナウンスされています。

 

つまり、極論を言うと「中古:良い」で出品されている商品には、49%のページに線引きがあっても問題ないのです。

 

ですので、たとえば10箇所くらいの線引きを見つけたからといって、わざわざ「線引きが10箇所ほどあります」と説明する義務はありません。

 

ガイドラインを守っていれば、記載義務はないのですから。

 

ただし、Amazonは基本的に購入客の味方なので「これはクレームがきそうだな」と感じた場合のみ、お節介ついでにコンディション欄に「〇〇箇所の線引きがあります」と記載しておきましょう。

 

この判断は相手の気持ちになって、自分ならクレームするかどうかで決めましょう。

 

たとえば上記の線引きの例なら、「マジックで引かれている」や「赤線で書かれている」という場合は、コンディションガイドラインに頼らず、その旨をコンディション欄に記載すべきということです。

 

コンディション欄は見やすく工夫しよう

 

how-to-write-amazons-condition-explanation-point10

 

Amazonのコンディション欄は記号などを使って、できるだけ見やすく書いてください。

 

なぜならコンディション欄は、改行ができないからです。

 

how-to-write-amazons-condition-explanation-point11

 

こちらは見づらい例です。

 

どこに何の情報が書かれているかわからず、私なら序盤で読むのを諦めてしまいます。

 

how-to-write-amazons-condition-explanation-point12

 

こちらは見やすい好例ですね。

 

「【】(すみかっこ)」というネットの文章ではかなり目立つ記号を上手に使った素晴らしい説明欄です。

 

ぜひ良いところを取り入れて、自分が購入者として見たとき「いいショップっぽいな」と思える文章を書きましょう。

 

まとめ

 

今回は「Amazonのコンディション説明の書き方」について、

 

・コンディション説明欄の役割

・コンディション説明欄に何を書くべきか

・見やすい説明欄を作るコツ

 

の3つのポイントをお話しました。

 

Amazonの中古販売ではライバルと差をつけるポイントがいくつかあります。

 

その中でもコンディション説明欄をうまく使うのは、費用対効果が高くぜひマスターしておきたいテクニックです。

 

今回の記事から「適切な説明」をしっかりと作れるようになり、中古商品の売上アップにつなげてください。

Amazonカテゴリの最新記事