Amazon出品店舗名で売上向上!

Amazon出品店舗名で売上向上!

今回は「Amazon出品店舗名で売上向上」というコストパフォーマンスがとても高いテクニックを解説します。

 

中には気にもしていなかった、という方もいるでしょう。

 

このネーミングはかなり効果があるので、ぜひ学んだ内容をすぐに実行してください!

 

では、詳しく見ていきましょう。

 

なぜAmazon出品店舗名で売上がUPするのか?

 

Improve sales with Amazon exhibition store name!2

 

Amazonの出品店舗名は、

 

・差別化ポイントになる

・自店舗の広告になる

・短い情報を載せられる

 

という3点から、かなり大切なファクターといえます。

 

端的にいうと、売上をUPもさせるしDOWNもさせるチカラを持っているのです。

 

例えば、あなたがAmazonで健康に関する本を探しているとします。

 

このとき、良い本を見つけましたが、出品者が

 

「tanakataro」

「鈴木書店 【365日即日発送】丁寧梱包をお約束!」

 

という2人しかいませんでした。

 

それぞれの価格は全く同じ。本の状態も「中古(良い)」で全く同じとします。

 

どちらで買いますか?

 

どう考えても「鈴木書店 【365日即日発送】丁寧梱包をお約束!」ですよね?

 

もし「どちらでも良い」と思った方がいれば考え方を改めてください。

 

Amazonのお客さんは99%後者を選びます。

 

この2つの店舗名は、

 

・道に落ちているパン

・袋に入った賞味期限も明記しているパン

 

くらいに違うということを理解しておきましょう。

 

つまり、あなたが「tanakataro」という店舗名をつけると1%のお客さんを相手に商売をすることになります。

 

もちろん、そのままでは売上がUPしません。

 

良い例には3パターンあり

 

Improve sales with Amazon exhibition store name!3

 

しかし「どうやって店名をつければ良いかわからない」という方も多いでしょう。

 

RPGで主人公の名前にも1時間くらい悩む人がいるくらいです。

 

実際にAmazonのマーケットプレイスでは、「tanakataro」レベルの店名がうようよいます。

 

つまり、この名前を工夫するだけでライバルと差がつくわけですね。

 

さっそく今から「3つのパターンに当てはめるだけでOK!」というものをお伝えします。

 

ぜひこれを使って売上UPを目指しましょう。

 

Amazonの出品店舗名で大切なことは、

 

①出品ジャンルとの親和性が高いか?(または汎用性が高いか?)

②購入客が安心できる情報を含んでいるか?

③プラスアルファの提案ができているか?

 

の3点です。

 

これらの問いかけに「OK」と言えないネーミングは避けてください。

 

では、ひとつずつ見ていきましょう。

 

①出品ジャンルとの親和性が高いか?(または汎用性が高いか?)

 

Improve sales with Amazon exhibition store name!4

 

Amazonの購入客の大半は、出品者が専門業者と思っています。

 

だからこそ、「テレビの下取りができますか?」という無理難題なメールがくるのです。

 

この事実は「専門業者であってほしい」という購入者の深層心理を反映していると考えられます。

 

つまり、出店名が「〇〇電気」や「〇〇書店」だとお客さんはそのジャンルの商品を買いやすくなるのです。

 

もし、あなたがAmazonで高級なおかきを探していたとします。

 

週末の来客に合わせて、購入しようとしています。

 

このとき、「石田製菓@お菓子ならおまかせください!」と「xtremeネジ専門店【3時間で発送】」のどちらで購入しますか?

 

もちろん値段などは同条件です。

 

後者は3時間で発送という、かなりのメリットを提案しています。

 

でも、「ネジ専門店」はかなり買う気が失せますよね?

 

結果的に大半のお客さんは「石田製菓」を選ぶことになります。

 

例えばジャンルが本なら、

 

 

Improve sales with Amazon exhibition store name!5

 

うまいネーミングですね。

 

ジャンルを絞ったネーミングはこのような効果を発揮します。

 

ちなみに、もし多方面ジャンルを展開するならあえて無難なネーミングもありです。

 

その場合は②③で他のセーラーと差別化していきましょう。

 

②購入客が安心できる情報を含んでいるか?

 

Improve sales with Amazon exhibition store name!6

 

Amazonに限らず、ネットでの買い物をするとき購入客は常に疑心暗鬼です。

 

特に、買い物経験が少ないお客さんはこの傾向があからさまです。

 

初めてAmazonや楽天を利用したあの日、あなたも少しだけ怖くなかったですか?

 

「本当に届くのだろうか?」

「3日後発送の契約内容だけど、本当に守ってくれるだろうか?」

「返品規約は本当に守ってくれるだろうか?」

 

このようにお金を払うお客さんは「疑心」でいっぱいです。

 

「そんなの、Amazon規約で決まっているからやるに決まってる!」

 

もし、そう思ってもお客さんは信じてくれません。

 

これを唯一、緩和できるのが出品店舗名でのアピールです。

 

例えば、この店名を見てください。

 

Improve sales with Amazon exhibition store name!7

 

少しノリが軽いですが、なかなか良いネーミングです。

 

「発送」「梱包」「返金」について購入客の不安を取り除く工夫があります。

 

このように、お客さんの立場になってどうすれば安心して購入ができるか?を反映したネーミングをしましょう。

 

③プラスアルファの提案ができているか?

 

Improve sales with Amazon exhibition store name!8

 

最後に、①②ができたらプラスで提案できる情報を追加しましょう。

 

字数の収まりもあるので、これはできればでOKです。

 

この提案の代表例は「送料無料」でしょう。

 

「送料は別のページから確認できるよ?」と思った方もいるかもしれません。

 

しかし、お客さんとしてAmazonを利用すればわかるのですが、プライムマーク以外の出品物の送料はかなりわかりづらいのです。

 

例えば、九州や離島の方だと別料金が発生することが多いので、なお不安でしょう。

 

また、〇〇円以上なら送料無料と設定しているセラーが多いのですが、客からすればこれが非常にわかりづらいのです。

 

ですので、送料の不安を抱えている方に対して安心して買っていただける工夫があれば、他のセラーとの差別化になり売上がUPします。

 

良い例を紹介すると、

 

 

Improve sales with Amazon exhibition store name!9

 

「【2160円以上購入で送料無料】…」

 

これ以上なくわかりやすい説明です。

 

送料込みの料金がわかりづらい、マーケットプレイスだとこのネーミング効果は高いでしょう。

 

まとめ

 

Improve sales with Amazon exhibition store name!10

 

今回は「Amazon出品店舗名で売上向上」という、とてもコスパの高い売上UPテクニックについてお話ししました。

 

おさらいをすると、

 

①出品物との親和性

②客の不安除去

③プラスの提案

 

の3点を含んだネーミングが重要ということでした。

 

この店舗名は思っている以上に効果を発揮します。

 

簡単に変えることができるので、いろいろ試行錯誤してみても良いでしょう。

Amazonカテゴリの最新記事