【2019/2/21】AmazonFBA料金改定で対策必須!

【2019/2/21】AmazonFBA料金改定で対策必須!

今回は「AmazonFBAの料金改定」について、

 

・FBA配送代行手数料

・在庫保管手数料

・長期在庫保管手数料

 

の3つの手数料の変更点を解説していきます。

 

どれも“料金”や“条件”が大きく変わっているので、必ずチェックしてください。

 

ケースによっては同じやり方で利益を出せなくなったり、逆に利益が増えたりするほど変わっています。

 

ぜひ、2019年2月の適用前に今一度チェックしておきましょう!

 

AmazonFBA配送代行手数料の変更点

 

mandatory-measures-by-amazon-fba-rate-revision2

 

まずはFBA配送代行手数料を見ていきましょう。

 

FBA配送代行手数料は2019年2月21日出荷分から適用されます

 

mandatory-measures-by-amazon-fba-rate-revision3

 

改定前のFBA配送代行手数料はこのようになっています。

 

大型商品には「区分1〜3」と「特殊大型」がありますが、小型商品と標準商品にはありません。

 

セラーの多くは小型か標準商品をメインに扱っていたので、FBA配送代行手数料は226円か360円になっていたはずです。

 

mandatory-measures-by-amazon-fba-rate-revision4

mandatory-measures-by-amazon-fba-rate-revision5

 

これが2019年2月21日出荷分に適用される新しい手数料です。

 

まず注目したいのが小型商品の手数料で、単純に料金アップしています

 

“226円”が“252円”となり、26円分のコストアップになってしまいました。

 

標準と大型については、従来よりも細かくグループ分けされているのがわかりますね。

 

標準は1〜4、大型はなんと1〜8までわかれています。

 

気をつけたいのが標準商品です。

 

今までは一律で“360円”でしたが、ここにきて354円〜490円になりました。

 

小型商品よりもコストアップの影響が大きいので、標準商品をメインにしているセラーは気をつけてください。

 

なかでも100cm、9kg未満をギリギリ満たすような標準商品は、490円も払わなければいけません。

 

サイズ的に多くのセラーがメインに扱っているため、ぜひ今一度利益の計算をおこなってください。

 

2019年2月21日出荷分からは、そのまま販売すると赤字になる可能性があります。

 

AmazonFBA在庫保管手数料の変更点

 

mandatory-measures-by-amazon-fba-rate-revision6

 

続いて在庫保管手数料について見ていきましょう。

 

在庫保管手数料は2月1日在庫分から適用されます

 

mandatory-measures-by-amazon-fba-rate-revision7

 

改定前の在庫保管手数料はこのようになっています。

 

mandatory-measures-by-amazon-fba-rate-revision8

 

改定後の手数料です。

 

嬉しいことに、在庫保管手数料は実質コストダウンします

 

改定前だと小型、標準、大型商品のすべてに同じ手数料が適用されていましたが、改定後は“小型/標準”と“大型”にわかれます。

 

小型/標準商品(1〜9月分)は「7800円×(商品サイズ[cm3]/(10cm×10cm×10cm))×(保管日数)/(当月の日数)」でしたが、7800円の部分が5070円に変わります。

 

単純に35%のコストカットになるので、なかなかの効果でしょう。

 

セラーによっては35%に掛かる数字が非常に大きい人もいるはずです。

 

ですので、FBA配送代行手数料のコストアップをペイできるケースもあるでしょう。

 

大型商品も同様にコストダウンしています。

 

計算式は先ほどと同じで、改定前が7800円(1〜9月)と9000円(10〜12月)だったものが、改定後は4290円(1〜9月)と7615円(10〜12月)に変わります。

 

それぞれ45%と15%のコストカットになるので、大型メインのセラーはより恩恵を受けられるでしょう。

 

在庫保管手数料は商品サイズが上がれば上がるほどかさんでいくので、元の数値が45%もダウンすればかなりの効果があるのです。

 

トータルで見ても利益がアップするケースもあるでしょう。

 

在庫保管手数料については、一方的にセラー有利な改定なので気にする必要はありません。

 

AmazonFBA長期在庫保管手数料の変更点

 

mandatory-measures-by-amazon-fba-rate-revision9

 

最後に長期在庫保管手数料について見ていきましょう。

 

長期在庫保管手数料は2019年2月15日在庫分から新料金が適用されます

 

mandatory-measures-by-amazon-fba-rate-revision10

 

こちらが改定前(2019年2月14日在庫分まで適用)の長期在庫保管手数料です。

 

6〜12ヶ月保管されている商品と、12ヶ月以上保管されている商品で2倍の差が出ていました。

 

だからこそ、大きめの商品の長期保管は手数料で赤字になってしまっていたはずです。

 

mandatory-measures-by-amazon-fba-rate-revision11

 

これが改定後(2019年2月15日在庫分から適用)の長期在庫保管手数料です。

 

変更点は3点あります

 

1つ目が「在庫一掃チェックの実施頻度」です。

 

従来は年2回だったものが、料金改定後は毎月15日に変わります。

 

今までは在庫チェック前のギリギリに売ったり、処分してしまえば手数料がかかりませんでした。

 

ですが、改定後は毎月15日にチェックが入るので、半年間の猶予はなくなります。

 

2つ目が「保管期間による手数料の区分」です。

 

今までは“6〜12ヶ月”と“12ヶ月以上”で長期在庫保管手数料が変わっていました。

 

これが改定後だと“365日を超えて……”に統一されます。

 

つまり、どんな商品でも365日以下で売りさばけば、長期在庫保管手数料がかかりません

 

6〜12ヶ月の長期在庫保管手数料は意外と大きなコストがかかっていました。

 

大型商品だとなおさらでしょう。

 

3つ目の変更点が「そもそもの手数料」です。

 

今回の長期在庫保管手数料の改定でもっとも嬉しい変更点でしょう。

 

この手数料が10cm×10cm×10cm(1000立方cm)に掛け算されます。

 

改定前は87.4285円(6〜12ヶ月)と174.857円(12ヶ月以上)だったものが、17.450円に統一されました。

 

今までの料金はかなりのコストになっていたので、助かる変更点ですよね。

 

1000立方cmあたりが“17.450円”で済むなら、積極的にFBAへ納品できるケースが増えるでしょう。

 

長期在庫保管手数料が5000円かかってしまうケースが、たった500円で済むのですから。

 

特に大型商品だと在庫保管手数料もコストダウンしているので、有利になります

 

まとめ

 

mandatory-measures-by-amazon-fba-rate-revision12

 

今回は「AmazonFBAの料金改定」について、

 

・FBA配送代行手数料

・在庫保管手数料

・長期在庫保管手数料

 

の3つの変更された手数料を解説しました。

 

AmazonFBAを利用していると、かなりコストがかかる手数料です。

 

セラーによっては利益が数%変わるケースがあるはずなので、ぜひ今一度チェックしてみてください!

Amazonカテゴリの最新記事