メルカリお急ぎ便とは?

メルカリお急ぎ便とは?

今回は「メルカリお急ぎ振込」について、

 

・メルカリお急ぎ振込とは何か?

・利用料金と振込スケジュール

・お急ぎ振込のやり方

・メルカリお急ぎ振込を利用すべきシーンは?

 

の4点を解説していきます。

 

メルカリお急ぎ振込は最短で翌日に現金を受け取れるサービスです。

 

物販では現金をすぐに用意したいケースが出てきます。

 

そんなとき、メルカリお急ぎ振込を賢い選択肢のひとつとして知っておきましょう!

 

メルカリお急ぎ振込とは?

 

mercari-what-is-hurry2

 

メルカリお急ぎ振込とは、通常の振込スケジュールよりも早く入金してくれるサービスです。

 

メルカリの通常振込は、最大で10日間のラグが発生します。

 

mercari-what-is-hurry3

 

 

たとえば、振込スケジュールが「1月8日〜14日→18日」だった場合、8日に申請すると10日後の18日にしか振込してくれません。

 

早く現金がほしい状況だと、この10日間が長く感じるでしょう。

 

メルカリお急ぎ振込はこのように困ったときに使ってください。

 

物販ビジネスを副業としてやっていると、資金管理に気を遣わなければいけません。

 

調子良く仕入れをしていても、現金やクレカ枠がゼロになったら手も足も出ないからです。

 

物販で利益を生むのは“仕入れ”です。

 

そして仕入れはタイミングが命なので、常に備えなくてはいけません。

 

とはいっても、大きな現金やクレカ枠を用意できない人もいるでしょう。

 

そんなときはメルカリお急ぎ振込のような即日振込サービスを利用しましょう。

 

幸いメルカリお急ぎ振込の利用料は後述するように割安です。

 

メルカリお急ぎ振込の利用料金と振込スケジュール

 

mercari-what-is-hurry4

 

メルカリお急ぎ振込の利用料金は200円です。

 

メルカリでは通常の振込手数料が「10000円未満だと210円、10000円以上だと0円」でした。

 

メルカリお急ぎ振込はこの振込手数料に上乗せして請求されます

 

ですので、10000円未満だと「210円+200円=410円」かかるワケです。

 

緊急時には仕方ありませんが、毎回だと410円は利益に響くので気をつけてください。

 

また、メルカリお急ぎ振込のスケジュールは以下の通りです。

 

・営業日0時00分~営業日8時59分の振込申請は「翌営業日」に振り込み

・営業日9時00分~営業日23時59分の振込申請は「翌々営業日」に振り込み

・営業日以外の振込申請は「翌々営業日」に振り込み

・営業日は土・日・祝、年末年始(12月30日〜1月3日)を除く平日を指す

 

営業日8時59分を境に「翌営業日」と「翌々営業日」に振込日が分かれるので、1日でも早く現金がほしいなら早朝に申請しておきましょう。

 

メルカリお急ぎ振込のやり方

 

mercari-what-is-hurry5

 

メルカリお急ぎ振込の利用方法はカンタンで、通常の振込とほとんど同じ操作をします。

 

ちなみに、パソコン版のメルカリでは現状メルカリお急ぎ振込に対応していません

 

アプリ版からおこないましょう。

 

mercari-what-is-hurry6

 

 

まずは「設定」から「売上・振込申請」をタップします。

 

mercari-what-is-hurry7

 

 

 

移動したページで「振込申請して現金を受け取る」をタップしてください。

 

mercari-what-is-hurry8

 

 

そうすると“現在の売上金”などが表示されるので、「お急ぎ振込」をタップして“利用する”を選びます。

 

あとは通常の振込と同じく、指示に従えば振込申請が完了します。

 

メルカリから現金の振込があると、振込日当日の夕方以降に通知されるはずです。

 

もし通知も振込も確認できない場合は、トラブルが起こっていたり、申請ミスをしている可能性があるので、再確認してみましょう。

 

解決できない場合は、早めに運営に問い合わせしておくと安心です。

 

メルカリお急ぎ振込を利用すべきシーン

 

mercari-what-is-hurry9

 

メルカリはどちらかというとキャッシュフローが良いサービスです。

 

振込スケジュールさえ把握しておけば、最短4日後に振込が完了するからですね。

 

たとえば、「1月8日〜14日→18日がスケジュールなら、14日に申請すると4日後の18日に振込されます。

 

ですが、次のような2つのケースには「メルカリお急ぎ振込」を検討すべきでしょう。

 

1つ目が「すぐに現金を用意できれば稼げる場合」です。

 

例を出すと家電量販店の新規オープン日などですね。

 

現金だとポイント込みで、ありえないほど安く買えることがあります。

 

このようにすぐに現金を用立てれば、ほぼ間違いなく稼げるときはメルカリお急ぎ振込を利用しましょう。

 

2つ目が「なにかの支払いで現金が必要なとき」です。

 

物販ビジネスをやっていると、キャッシュの動きが激しくなります。

 

そんなとき、たまに支払日をド忘れしてしまうこともあるでしょう。

 

「あの支払い明後日だったか……」

 

几帳面な人でもやってしまうミスです。

 

特にカードの支払日は必ず守りましょう

 

1週間くらい大丈夫だろう……と高を括っていると痛い目にあいます。

 

すぐにカード停止にはならないでしょうが、クレジット枠の増加や将来ローンを組むときなど、悪影響を及ぼすでしょう。

 

だから、クレジットカードの支払いを遅らせるなら、メルカリお急ぎ振込で200円払って現金を手に入れましょう。

 

まとめ

 

mercari-what-is-hurry10

 

今回は「メルカリお急ぎ振込」について、

 

・メルカリお急ぎ振込の概要

・利用料金と振込スケジュール

・お急ぎ振込のやり方

・利用すべきシーン

 

の4つのポイントを解説しました。

 

メルカリお急ぎ振込は緊急時には積極的に利用してください。

 

カードキャッシングよりも、安い手数料で現金を用立てられるケースもあります。

フリマカテゴリの最新記事