仕入れ基準の1つAmazonランキングの仕組みとは?

仕入れ基準の1つAmazonランキングの仕組みとは?

今回は「Amazonランキング」について、

 

・Amazonランキングはどう決まる?

・Amazonランキングはこう利用しよう!

・中古転売でのAmazonランキングとの付き合い方

 

の3つのポイントを解説していきます。

 

Amazonランキングは転売活動において、見るべきひとつの指標です。ぜひ見方を覚えて、より効率的な仕入れができるようになりましょう。

 

Amazonのランキングはどう上がるのか?

 

one-of-the-buying-criteria-what-is-the-mechanism-of-amazon-ranking2

 

Amazonのランキングには、

 

・売れ筋ランキング

・急上昇ランキング

・新着ランキング

・ほしい物ランキング

・ギフトランキング

 

の5つのランキングがあります。

 

この内、私たちセラーが見るべきは「売れ筋ランキング」です。

 

このランキングには「最近の売れ行きを重視してランクアップする」という、Amazon独自のシステムが導入されています。

 

このシステムの詳細については、Amazonは明かしていません。

 

ですので、推測になりますが、おそらく「1時間」「1日」「1週間」などの区切りで分けてランク付けをしています。

 

具体的には「1時間>1日>1週間」のように、短時間での売れ行きを重視している傾向にあると思われます。

 

たとえば「1時間で2個売れた」>「1週間で2個売れた」と言った評価基準ですね。

 

one-of-the-buying-criteria-what-is-the-mechanism-of-amazon-ranking3

 

ちなみに、ランキングはこのようにジャンルごとに分けられています。

 

Amazonのランキングはどう下がるか?

 

one-of-the-buying-criteria-what-is-the-mechanism-of-amazon-ranking4

 

Amazonのランキングが下がる仕組みはいたってシンプルです。

 

「売れなければ下がり続ける」

 

これが唯一のルールになります。

 

もちろん、実際は「売れた他商品がランクアップ」→「その順位分押し下げられる」といったプロセスですね。

 

one-of-the-buying-criteria-what-is-the-mechanism-of-amazon-ranking5

 

たとえばホーム&キッチンというジャンルで、年に3回しか売れていない商品だと「839162位」です。

 

one-of-the-buying-criteria-what-is-the-mechanism-of-amazon-ranking6

 

Amazonには星の数ほどの商品があるので、こんなにすごい低い順位となっています。

ということは、年に1回しか売れていない商品だともっと低いということですね。

 

仕入れをする上で、このAmazonのランキングを基準にすることがあるのですが、ホーム&キッチン839162位はさすがに腰が引けます。

 

もちろん、自己発送で自宅待機させておけば保管料はかからないので、ランキングが低い商品でも戦いようはあります。

 

一方、FBAに納品するなら、839162位はさすがにやめた方がいいでしょう。

 

Amazonのランキングを転売にどう活かせるか?

 

one-of-the-buying-criteria-what-is-the-mechanism-of-amazon-ranking7

 

先ほど言ったように、Amazonランキングが低すぎる商品は危険です。

 

特にFBA納品では「長期保管手数料」や「月間の手数料」がかかりますので、ランキング=売れ行きは気にしておくべきです。

 

また、ひとつ注意したいのが「季節性の商品」です。

 

季節の変わり目はランキングの信頼度は低めに見ておきたいところです。

 

なぜなら、季節が変わってしまえばその商品は昨日までのように売れなくなります。

 

家電でいうと「かき氷機」「暖房機器」があてはまりますね。

 

たとえば8月下旬にランキングがそこそこ良いからといって、「かき氷機」を30個仕入れると痛い目をみるでしょう。

 

Amazonランキングは基本的には優秀な指標ですが、このような例外には気をつけてください。

 

Amazonランキングの売れやすい基準とは?

 

one-of-the-buying-criteria-what-is-the-mechanism-of-amazon-ranking8

 

Amazonのランキングには、ジャンルごとの積極的に仕入れてもOKな基準があります。

 

これは人にもよるので一概には言えませんが、「このランク以上だとまず売れる=FBA納品してもリスクが少ない」と考えられるのです。

 

ホーム&キッチン:100,000位以内

おもちゃ:50,000位以内

DVD:50,000位以内

ゲーム:30,000位以内

CD:100,000位以内

本:200,000位以内

 

ただし、これはあくまでもただの基準です。

 

特に中古だと話が変わりますし(ランキングは新品の売れ行きが影響するため)、どれくらい長い目で見るかによっても変わります。

 

ですので、ランキングだけでなく必ずモノレートを見ることを忘れないでください。

 

ランキングはあくまでも「高いから今売れてるんだなぁ」といった認識でとどめておきましょう。

 

Amazonのランキングに囚われすぎない

 

one-of-the-buying-criteria-what-is-the-mechanism-of-amazon-ranking9

 

先ほども話しましたが、中古商品の売れ行きはランキングよりもモノレートで見るべきです。

 

なぜなら、新品の売れ行きはいまいちだけけど、中古だと売れている商品は多いからです。

 

この場合、ランキングよりも「中古の出品者数」「中古の売れ行き」をモノレートから探る必要があります。

 

ということは逆に考えると、ランキングしか見ていないせどらー(意外と多いです)は、この視点がないということです。

 

つまり、中古家電が稼ぎやすいのはAmazonランキングだの裏側にある情報を読み取っているからなんですね。

 

「Amazonのランキングは低いけど売れる」という仕入れ方ができるようになると、額の大きさだけでなく、収益の安定性もしっかりとアップしていきます。

 

まとめ

 

one-of-the-buying-criteria-what-is-the-mechanism-of-amazon-ranking10

 

今回は「Amazonのランキングとは」について、

 

・Amazonランキングの仕組み

・Amazonランキングの利用方法

・中古はAmazonランキング以外も見るべき

 

という3つのポイントをお話しました。

 

新品だけでなく、中古も扱っていくならランキングと併せてモノレートも見るこべきです。

 

固定観念に囚われず、柔軟な仕入れができるようになりましょう!

Amazonカテゴリの最新記事