結果出せる人は、今すぐやる。

結果出せる人は、今すぐやる。

今回は「結果出せる人は、今すぐやる。」について、

 

・やること自体の価値をすぐに知るため

・やる気のセルフマネジメントのため

 

という2つの大切なポイントをお話します。

 

“やるべきこと”をすぐにやるべきとわかっているのに、どうしてもやる気が出ない……

 

もしあなたがこう感じるなら、今回の記事をしっかりと読んでください。

 

なぜタスクは後回しにすべきではないのか。

 

精神論ではなく、論理的な理由を解説していきます。

 

やるべきことをすぐにやったほうが良い理由

 

people-who-can-produce-results-will-do-it-now2

 

“やるべきこと”をすぐにやったほうが良いのは、2つの理由があるからです。

 

ひとつが「やるべきことの価値を早く知るため」、もうひとつが「やる気のセルフマネジメントのため」です。

 

まず前者の「やるべきことの価値を早く知るため」とは、“やるべきこと”がどれくらい重要か計ることを意味します。

 

“やるべきこと”は誰かにとって重要でも、あなたにとって重要とは限りません

 

people-who-can-produce-results-will-do-it-now3

 

たとえば、意義があるのかよくわからない仕事。

 

誰が得するんだろう?と思ってしまう仕事は、あなたにとって重要ではありません。

 

そう思う時点で、少なくともあなたには無価値だからです。

 

だからその仕事をすぐさま終わらせてしまい、次の行動にうつりましょう

 

できれば、次回から自分以外にその仕事を振ってもらえるよう、仕向けることもが大切です。

 

people-who-can-produce-results-will-do-it-now4

 

あなたにとって無価値な仕事とわかったら、大切な時間を使うべきではありません

 

その重要度を計るために、“やるべきこと”を少しでも早くやってください。

 

“やるべきこと”の価値を計るにはやるしかない!

 

people-who-can-produce-results-will-do-it-now5

 

“やるべきこと”があるのに、先延ばしにしてしまう

 

とてもありがちなことでしょう。

 

ですが、“やるべきこと”の価値を計るには、まずやってみるしかありません。

 

どんなに面倒そうなことでも、やってみると意外な側面が見えたりします。

 

逆に、予想以上にくだらないタスクかもしれません。

 

その場合は、さっさと手を引いてしまいましょう。

 

会社の仕事のように、おいそれと手を引けない場合は、一瞬で終わらせてしまいます。

 

自分にとって継続する価値がないからこそ、迅速に終わらせましょう

 

そして、もうその仕事を受けない環境を作るべきなのです。

 

だから“やるべきこと”を、いち早くやってみてください。

 

副業も同じで、とにかくやってみなくては何ひとつわかりません

 

物販ビジネスがどれだけ稼げても、あなたの性格には合わないかもしれない。

 

でも稼げるなら……と継続する人も多くいます。

 

一方で、イメージよりしっくりくるかもしれません。

 

楽しんで稼げるなら、趣味のようなものですよね。

 

だからこそ、“やるべきこと”が目の前に現れたら、すぐにやってください。

 

あなたにとって重要か判断できないことこそが、最大の損失なんです

 

モチベーションの維持は精神論で片付けない!

 

people-who-can-produce-results-will-do-it-now6

 

“やるべきこと”をすぐにやったほうが良い、もうひとつの理由が「やる気のセルフマネジメント」についてです。

 

“やるべきこと”は放置してしまうとモヤモヤが残ります。

 

はじめのうちは気になりませんが、モヤモヤはやがて大きくなり、やる気がなくなってしまいます。

 

たとえば、ダイエットすると決めたけれど、1日だけサボってしまった。

 

たった1日だけなのに、モチベーションはガクッと下がりますよね?

 

次の日から再開すればいいのに、なぜかダイエットそのものをやめてしまう。

 

このように人のモチベーションは繊細です。

 

メンタルはガラスと表現されるように、一度壊れたら修復が難しいのです。

 

people-who-can-produce-results-will-do-it-now7

 

だから、あなたはセルフマネジメントをしなければいけません。

 

精神論で切り抜けようとしないでください

 

“やるべきこと”を後回しにしないのは、そのコツです。

 

人のやる気とは不思議なもので、走れば走るほどガソリンが増えていきます

 

ランナーズハイのような状態ですね。

 

逆に“やるべきこと”から目をそらし、休んでガソリンを補給しようとしても、逆にモチベーションが下がります。

 

体調は良くなりますが、やる気はガクッと下がるのです。

 

やる気のセルフマネジメントが成功のコツ

 

people-who-can-produce-results-will-do-it-now8

 

副業で成功するには、ときに面倒な作業をしなければいけません。

 

特に物販ビジネスのやりはじめは、“やるべき作業”が多発します。

 

このとき、失敗する人はかならず“やるべきこと”を後回しにするんですね。

 

あとでまとめてやればいい……そう思って後回しにします。

 

たしかに、1日1時間の作業を週末にまとめてやっても効率的には同じです。

 

ですが、上述のとおり人のモチベーションはそう単純にできていません

 

一度後回しにすると、やる気が一気にダウンしてしまいます。

 

本能的に“優先度が低いタスク”と認識してしまうのかもしれませんね。

 

だから、意地でも成功させたいなら“やるべきこと”を、すぐにやってください。

 

後回しにするメリットがありません。

 

people-who-can-produce-results-will-do-it-now9

 

何も100点満点を目指さなくていいのです。

 

コスパを考えれば80点、いや60点ですら合格ラインでしょう

 

とにかく、手をつけることが大切です。

 

手をつけたら、意地でも終わらせたくなるからですね。

 

やる気を維持するには、アクセルの踏みはじめを意識してください。

 

グッと踏み込みさえすれば、あとは勝手に進んでいくワケです。

 

まとめ

 

people-who-can-produce-results-will-do-it-now10

 

今回は「重要性」について、

 

・価値を早く知るため

・セルフマネジメントのため

 

の2つの視点から解説しました。

 

副業に限らず、何かで成功するには“モチベーション”が不可欠です。

 

やる気なしに成功した人は1人もいないでしょう。

 

もしあなたのやる気が続かないなら、ぜひ「やるべきことをすぐにやる」を生活に取り入れてください。

マインドカテゴリの最新記事