シッピーノで物販事業を完全外注化!

シッピーノで物販事業を完全外注化!

仕入れが上手くなり、転売ビジネスが軌道に乗り始めると、「受注」と「発送」の業務で押しつぶされそうになります。

 

特にAmazon以外の販路だと、FBAマルチチャネルに頼らざるをえず、その配送指示がかなり面倒でいやになってしまいます。

 

そこで今回は「シッピーノ」という、Amazon以外の販路を“まるでFBA”のようにできてしまうサービスを紹介します。

 

特にFBAマルチチャネルを使って、楽天やヤフーショッピングからの注文をさばいている方は、その全てを完全自動化できるので、ぜひ試してください!

 

シッピーノとは何か?

 

shippino-fully-outsource-the-sales-business2

 

シッピーノとは、「ECの出荷業務を完全自動化」するサービスです。

 

『シッピーノ株式会社』という会社が運営しています。

 

具体的には、あなたが今行っている「受注」から「出荷」を完全に自動化するサービスで、取り入れると業務量が激減します。

 

shippino-fully-outsource-the-sales-business3

 

 

イメージとしては、10人雇わなければ回らない業務を「シッピーノ」に一任できる感じですね。

 

楽天やヤフーショッピングとの連携がカンタンにでき、その情報を倉庫(FBAマルチチャネルなど)に送ります。

 

ですので、商品の出品だけをすれば、あとは完全に自動化されるワケです。

 

受注情報の入力から、商品の発送まで、あなたがするべきことは何もありません。

 

大げさでもなく、商品の出品だけすれば、長いバカンスにだって行けるのです。

 

また、「サンクスメール」などの細かいサービスに対応している点も嬉しいですね。

 

シッピーノはFBAマルチチャネルとの相性抜群!

 

shippino-fully-outsource-the-sales-business4

 

シッピーノ最大の特徴は「FBAマルチチャネル」との相性の良さでしょう。

 

FBAマルチチャネルとは、Amazon以外のショップで受けた注文を、FBA倉庫から送れるサービスですね。

 

ただ、マルチチャネルを使っていても“受注情報の入力”だけはマストになります。

 

やるとわかるのですが、コレがなかなか面倒です。

 

1日に数十個売れるようなモノだと、まずひとりの力では足りません。

 

ですので、入力業務の外注化をしていくのですが、そのときの選択肢のひとつがシッピーノというワケです。

 

shippino-fully-outsource-the-sales-business5

 

 

結論を言ってしまうと、ある程度の規模ならシッピーノを使ったほうがいいと思います。

 

個人的に人を雇って外注化するのもありですが、急にやめてしまったりと、どうしても不安要素が残るのです。

 

法人化して社員を雇うのもアリですが、人によってはそこまでしたくない方もいるでしょう。

 

ですので、そんなときはシッピーノを使ってください。

 

利用料としてコストは増えますが、満足できるクオリティーが保証されているので安心です。

 

何より、FBAマルチチャネルをフルでサポートしてくれる点が助かります。

 

シッピーノをFBAマルチャネルで利用する2つのメリット

 

shippino-fully-outsource-the-sales-business6

 

シッピーノをFBAマルチチャネルで利用するメリットは大きく2つあります。

 

1つ目が「在庫管理が楽になること」です。

 

たとえば、FBAマルチチャネルに納品している商品を、楽天やヤフーショッピングに出品しているケースだと、在庫数をリンクさせる作業がとてつもなく面倒です。

 

最悪のケースだと、在庫ゼロの登録を忘れていて、無いモノを売ってしまいます。

 

もちろん、ショップごとのアカウントにキズが付きますし、購入者に謝罪しなければいけません。

 

ですが、シッピーノを導入すると、各ショップの在庫表記まで一括管理してくれるので、この問題を解消できます。

 

メリットの2つ目が「配送の質向上」です。

 

shippino-fully-outsource-the-sales-business7

 

 

シッピーノはかなり信頼ができるサービスで、今まで300万件以上の出荷、150億円もの流通総額をこなしています。

 

さらに注目したいのが、“0.00006%”の出荷エラー確率ですね。

 

まず、出荷に関するミスは起こらないものと考えてOKだと思います。

 

おそらくサービスの品質管理にコストを徹底的にかけているのでしょう。

 

その他、電話でのサポート(無料)が充実している点も見逃せません。

 

企業としての“誠意”をかなり感じられますね。

 

シッピーノの利用コストはどれくらい?

 

シッピーノの利用コストは、基本的に月額9800円で、連携先が増えるごとに9800円が加算されていきます。

 

shippino-fully-outsource-the-sales-business8

 

 

たとえば、楽天市場とヤフーショッピングからの注文を、シッピーノで完全自動化するなら「9800円×2=19600円」といった具合ですね。

 

shippino-fully-outsource-the-sales-business9

 

この月額料金に加えて「自動出荷件数の従量課金」と「SKU数合計の課金」が発生します。

 

カンタンに言うと、「自動出荷件数の従量課金」は実際に出荷した商品数、「SKU数合計の課金」は出品している商品数で決まります。

 

また、保守費用という名目で年に1回だけ15000円が徴収されるので注意してください。

 

これらを総合すると、だいたい20000円〜60000円のランニングコストがかかるイメージですね。

 

コスト的には、それだけ多くの出荷がある人なら余裕でペイできるはずなので、安いと言えるでしょう。

 

少なくとも、社員1人を本格的に雇うよりもカンタンでコスパが良いことは間違いありません。

 

まとめ

 

shippino-fully-outsource-the-sales-business10

 

今回は「シッピーノでの外注化」について、

 

・シッピーノのサービス概要

・FBAマルチャネルで利用するメリット

・サービスの利用料金

 

の3つのポイントをお話しました。

 

シッピーノを使わず、社員を雇う経験を積むのもありですが、副業サラリーマンの方なら、少し無理があると思います。

 

そんなときは、シッピーノのような外注化サービスを上手く使ってください。

 

自分の時間を確保できるようになりますし、さらに事業自体を拡大できるチャンスでもあります。

物販カテゴリの最新記事