【ヤフオク転売】簡単なリサーチ方法までまとめ!

【ヤフオク転売】簡単なリサーチ方法までまとめ!

今回は「ヤフオク転売」について、

 

・ヤフオク転売とは何か?

・3つのメリット

・2つのデメリット

・どうリサーチすればいいか?

・ヤフオク転売の注意点とは?

 

の5つのポイントを解説していきます。

 

ヤフオクは転売しやすい優良なプラットフォームです。

 

転売で稼ぐために、必ず登録しておいてください。

 

ではさっそく、ヤフオク転売の基本を学んでいきましょう!

 

ヤフオク転売とは?

 

summary-up-to-a-simple-research-method2

 

ヤフオク転売とは、日本一のオークションサイト「ヤフオク」で転売する手法です。

 

ヤフオクで仕入れて、Amazonやメルカリで販売する手法もありますが、この記事では“ヤフオク販売”を前提に解説します。

 

ヤフオクで販売する場合、仕入先は「Amazon」「フリマアプリ(主にメルカリ)」「実店舗」が効率的です。

 

プラットフォーム間の価格差さえあれば、転売は成立します。

 

極端な話、100円でも利益が取れれば転売する価値があるのです。

 

たとえば、こちらのプロテイン。

 

Amazonだと“2788円”で販売されています。

 

summary-up-to-a-simple-research-method3

 

 

 

これがヤフオクだと2つで“7100円”、ひとつあたり3550円で販売されています。

 

ひとつあたり約800円の利益にしかなりませんが、価格差のイメージはこうです。

 

また、ヤフオクの取り扱いジャンルはバラエティーに富んでいます。

 

食品からチケット、ファッションまで転売できないものは無いレベルですね。

 

ただし、ほかのプラットフォーム同様、規約違反はアカウント停止処分になります

 

中でもチケット系の転売は、法律に触れやすいので、規約をしっかり読み安全に行ってください。

 

ヤフオク転売のメリット

 

summary-up-to-a-simple-research-method4

 

ヤフオク転売のメリットはたくさんありますが、その中でも目立つポイントを紹介しましょう。

 

メリット①

 

1つ目のメリットが「利用客の多さ」です。

 

転売は“BtoB”でも“BtoC”でも、購入客ありきのビジネスです。

 

そのため、お客さんの絶対数が多いことは、売り手にとって大きなメリットと言えます。

 

どれだけ良い商品を売っていても、お客さんが少ないプラットフォームでは利益が上がりません。

 

メルカリと比べて苦戦している“ラクマ ”の利用経験があればわかるでしょう。

 

まったく同じ商品を、同じように販売しても、お客さんの引きが180度ちがいます。

 

“いいね”の付き方から違うのです。

 

当然、最終的な売上に影響するので、お客さんは多いに越したことはありません。

 

メリット②

 

2つ目のメリットが「客層が絞りやすいこと」です。

 

ヤフオクの年齢層は30〜40代、性別は男性が中心となっています。

 

これはサービスが開始されたのが2000年前後だからです。

 

iPhone3GSの日本発売が2009年なので、みんなガラケーを使っていた時代ですね。

 

そのため、今でもヤフオクは男性中心のサービスとなっています。

 

サイトがとても簡素なデザインを貫いているのは、これが要因でしょう。

 

ですので、ヤフオク転売で売れやすいのはこの客層に好まれる商品です。

 

加えて、30〜40代男性はお金を持っているので、メルカリより高い商品が売れやすいワケです。

 

メリット③

 

3つ目のメリットが「自動化しやすいこと」です。

 

ヤフオク転売はかなりメジャーですので、専用の自動化ツールがたくさんあります。

 

summary-up-to-a-simple-research-method5

 

 

特に自動出品ツールは、本業が忙しいサラリーマンにとって必須アイテムでしょう。

 

物販ビジネスは効率化との戦いです。

 

自分のチカラだけに頼るのではなく、必ず人やツールを使いましょう。

 

大きな手助けをしてくれるなら、そこに投資して行くべきです。

 

ヤフオク転売のデメリット

 

summary-up-to-a-simple-research-method6

 

続いてヤフオク転売のデメリットを見ていきましょう。

 

デメリット①

 

1つ目のデメリットが「ライバルの多さ」です。

 

ヤフオクは日本最大のオークションだけあり、販売者も多く抱えています。

 

そのため、ありふえた商品は検索結果に埋もれることがあるのです。

 

そうなると、値段を下げるしかありません。

 

結果として、薄利多売になりやすいので、販売する前にしっかりリサーチしてください。

 

“利益が取れること”と“回転率の良さ”は別問題です

 

ライバル数は事前にチェックしておきましょう。

 

ヤフオク転売ではなおさら徹底するべきです。

 

デメリット②

 

2つ目のデメリットが「会員費が必要なこと」です。

 

デメリットと言うほどではありませんが、ヤフオクの利用は約500円/月の会員費がかかります。

 

副業で転売をやらない月がある人にとっては、完全に無駄な出費となってしまいます。

 

ですが、必要経費としては安価なので、そこまで気にしなくていいでしょう。

 

ヤフオク転売のリサーチ方法

 

summary-up-to-a-simple-research-method7

 

ヤフオクのリサーチ方法は簡単です。

 

summary-up-to-a-simple-research-method8

 

 

たとえば、この加湿器がヤフオク転売で利益が出そうかリサーチしたいとしましょう。

 

実店舗での在庫処分セールにて、安く仕入れられる状況だったとします。

 

summary-up-to-a-simple-research-method9

 

 

 

まずはヤフオクにて商品を検索し、「条件指定」を選びましょう。

 

summary-up-to-a-simple-research-method10

 

 

次に「終了したオークション」を選び、条件を指定して再検索します。

 

summary-up-to-a-simple-research-method11

 

 

そうすると、過去に落札された商品の売価がズラッと出てきます。

 

ここを見ればヤフオクでの平均売価がわかるので、いくらで売れそうかの予測が立つはずです。

 

Amazonとはちがい、ヤフオクではサイト内で過去の売価がわかります

 

軽めのリサーチなら、公式サイトだけで完結するので、やり方を覚えておいてください。

 

ヤフオク転売の注意点

 

summary-up-to-a-simple-research-method12

 

ヤフオク転売をする上で、注意すべきなのが規約違反です。

 

その昔、ヤフオクの規約はあってないようなものでした。

 

笑い話に聞こえるかもしれませんが、それほど無法地帯だったのです。

 

しかし、ここ数年で少しだけ状況が変わりました。

summary-up-to-a-simple-research-method13

 

 

 

以前よりも取り締まりを強化するとの声明もあり、特にチケット転売は厳重に警戒しているようです

 

summary-up-to-a-simple-research-method14

 

 

また、2018年12月にはチケット転売に「1年以下の懲役や100万円以下の罰金を科す」との法律が定められました。

 

当然、ヤフオク側の警戒が今以上に厳しくなっていくと思われます。

 

チケット転売をされる方は、しっかりと防衛策を打っておきましょう。

 

まとめ

 

summary-up-to-a-simple-research-method15

 

今回は「ヤフオク転売」について、

 

・概要

・メリット

・デメリット

・リサーチ方法

・注意点

 

の5つのポイントを解説していきました。

 

ヤフオクは、転売で稼ぐための重要なプラットフォームです。

 

もし使ったことがない方がいれば、メルカリやAmazonだけでなく、ヤフオクでも出品しましょう。

 

ランニングコストは月500円の会員費だけなので、リスクはほぼありません。

 

ぜひ、積極的にチャレンジしてみてください!

転売カテゴリの最新記事