稼ぐには継続と忍耐しか無い。

稼ぐには継続と忍耐しか無い。

今回は「継続力と成功の関係」について、

 

・成功するための一番確実な方法論

・継続でライバルがどんどん減ること

・“見切り”と“諦め”は異なること

・効率よりも継続が大切な理由

 

の4点を解説していきます。

 

成功のために一番重要なことは「継続するチカラ」です。

 

しかし、このポイントは当たり前すぎてあまり語られません。

 

だからこそ、なぜ継続することが成功への近道なのか?を今一度考えていきましょう!

 

成功するもっとも確実な方法論

 

There is only continuation and patience to earn.2

 

成功するためにはさまざまなリソースが必要です。

 

資金、タイミング、人脈などなど。

 

しかし、それ以上にメンタルの強さ、つまり「我慢」「忍耐力」は成功者の絶対条件です。

 

この点は歴史上の成功者、今成功している人を見れば明らかでしょう。

 

楽して成功した人は、たまたまお金を稼げただけで“成功者”と呼びません。

 

There is only continuation and patience to earn.3

 

 

宝くじが当たった人は、ただ運が良かった人でしかありませんよね。

 

だから、成功するための第一条件は「我慢」「忍耐力」なのです。

 

言い換えると“継続する力”になるでしょう。

 

あなたは今までの人生で、継続してきたことがあるでしょうか?

 

もし何かひとつでもあるなら、その分野においてあなたは成功しているはずです。

 

なぜなら、人は失敗ばかりしていることを続けられないからですね。

 

続いているなら、多かれ少なかれ成長し成果をあげているはずです。

 

継続さえしていれば徐々にライバルが減る

 

There is only continuation and patience to earn.4

 

「継続」が成功に必要なのは、成長のためだけではありません。

 

特にビジネスではただ継続するだけでライバルがどんどん減ります

 

極論を言うと、あなたのビジネスが横ばいでも耐え抜けばライバルが自滅していきます

 

ジャンルによっては、これだけで勝てるワケですね。

 

たとえば、飲食チェーン店は自社の利益よりも生き残りを優先します。継続と忍耐を超える成功はなし

 

ライバルが減ったあとにゆっくりと利益を求めればいいと、知っているからですね。

 

薄利でも、利益ゼロでもいいのでライバルが減るのを耐えるのです。

 

これは大企業に限った話ではありません。

 

あなたのビジネスすべてに当てはまります。

 

特に物販ビジネスでは、ある手法が流行るとライバルが一時的に増加します。

 

ですが、ほとんどのライバルはすぐにやめていくのです。

 

結果、残るのは一握りの人間だけ。

 

だから正しいノウハウを諦めずに継続していれば、成功するワケです。

 

「諦めずに継続する」

 

成功するためにやるべきことは、とてもシンプルなのです。

 

見切りはいいけど諦めたら終わり

 

There is only continuation and patience to earn.6

 

 

ものごとには見切ってやめるケースと、諦めてやめるケースの2種類が存在します。

 

ほとんどの人はこの2つを混同しますが、見切ってやめるのは悪いことではありません。

 

There is only continuation and patience to earn.6

 

 

「見切る」とはトレードで言うところの“損切り”

 

ビジネスでは常に気にすべきポイントです。

 

“損切り”は早めに、しかも思い切ってやるべきなのです。

 

なぜなら、く次のチャンスに切り替えられるから

 

一方「諦める」のは時間がなかったり、面倒だったりして途中放棄することを言います。

 

この場合、次のチャレンジからはもっとカンタンなもの、手間がかからないものにシフトするワケです。

 

そして、もっとマズいのが「諦める」を「見切り」だと勘違いするケースでしょう。

 

本人は損切りと言っていても、はたからみるとただ諦めているだけ……と言った場合ですね、

 

同じことをやって結果を出している人がいる限り、成功しない原因は続けないからにほかなりません。

 

物販ビジネスでも、中途半端に諦めてしまう人がいます。

 

せっかく調べ抜いてはじめた手法を、途中で放り出すメリットがあるのでしょうか。

 

本人にとっては損切りのつもりかもしれませんが、いわゆるノウハウコレクターになってしまうだけです。

 

諦めないからこそ学べることがたくさんあります

 

だから、まずは早々に辞めてしまうことをやめましょう。

 

最高効率を求めるよりすぐ始めたほうが得

 

There is only continuation and patience to earn.8

 

“継続状態になる以前に、何かをはじめることすらできない人がいます。

 

「なぜ早く動かないのか?」と尋ねると、「もっと良い方法を探している」と答えるのです。

 

結論から言うと、そうやって効率ばかり追い求めている人は、いつまでたってもプレイヤーになりません。

 

勝負の土俵に立っていないので、成功できるかどうか以前の問題なのです。

 

コスパのいい手法を探す人は、継続のチカラをないがしろにします。

 

たとえば、99点の手法を5年10年かけて探すより、60点の手法をすぐにはじめてしまったほうが稼げます。

 

なぜなら、行動できる人は継続する中で改善点を見つけるからです。

 

変えるべきポイントが見つければ、60点が61点62点と増えていき、最終的にはカタチになるのです。

 

そうこうしているうちに、ほとんどのライバルが消えていくことも忘れてはいけません。

 

1000人いたライバルが500人になり、気づけば100人を切っている。

 

特に物販ビジネスではかならずしも1位を取る必要がありません

 

100人のライバルがいても、自分の納得できる額を稼げればOKなのです。

 

たとえビリになっても、十分稼げていれば問題ありませんよね。

 

忍耐強く継続して、100人のなかに残れたことに価値があるからです。

 

だから、最高効率を求めるよりも、さっさとはじめて継続していけば勝てるのです。

 

道中苦しいこともあるかもしれませんが、とにかく生き残ることだけにスポットを当ててください。

 

継続さえしていれば、ほとんどのことがなんとかなります。

 

というより、成功の絶対条件として“継続”や“忍耐”が必須であり、多くの人が忘れているのです。

 

だから、成功するためには効率よりも継続のコツを学んでください

 

「継続さえしていれば、いつか成功する。」この法則はとても強力なんです。

 

まとめ

 

There is only continuation and patience to earn.9

 

今回は「継続力と成功の関係」について、

 

・成功するための一番確実な方法論

・継続でライバルがどんどん減ること

・“見切り”と“諦め”は異なること

・効率よりも継続が大切な理由

 

の4つのポイントをお話しました。

 

成功法則は、ノウハウのクオリティや資金の多さが注目されます。

 

ですが、一番大切なのは“継続すること”でしょう。

 

なぜならカンタンそうに見えて、出来る人が少ないからです。

 

物販と同じく供給が少ないと、モノの価値は上がります。

 

つまり、継続力さえあれば有利なプレイヤーになれるのです。

 

この重要さを理解し、どう継続していくか?をしっかりと考えましょう。

マインドカテゴリの最新記事