仕事のモチベーションを上げる3つのコツ。

仕事のモチベーションを上げる3つのコツ。

今回は「モチベーションをどう上げるか?」について、

 

・なぜモチベーション管理が大切なのか?

・モチベーションが下がる2つの原因

・モチベーションをあげる3つのコツ

 

の3点を解説していきます。

 

モチベーションの上げ方は多くの人が苦手です。

 

方法論が浸透していないからでしょう。

 

だからこそ、早めにモチベーションを上げるコツを知って有利な環境をつくりましょう!

 

なぜモチベーション管理が大切なのか?

 

three-tips-to-increase-motivation-for-work2

 

副業での物販ビジネスだけでなく、何かで成功するにはモチベーションが大切です。

 

おそらく歴史上でモチベーションなしで成功した人はいません。

 

もしいたとしても、周りが成功者と呼んでいるだけで本人はそう思っていないでしょう。

 

だから、成功者として幸せになりたいならモチベーションの自己管理を徹底してください。

 

学生時代の部活など、日本ではモチベーションについて精神論を持ち出す人が多くいます。

 

一部の天才は精神論でもいいですが、ほとんどの人は方法論を頼ったほうが効率的です。

 

気合いでなんとかなるなら、すでに何かの分野で成功しているからですね。

 

ですので、モチベーションについて学ぶなら方法を確立しましょう

 

特に物販ビジネスはシンプルな作業が多くあるので、モチベーション管理が大切です。

 

会社とは違って誰からも文句を言われない環境は、ときにあなたをダラけさせるかもしれません。

 

そうならないために、ぜひモチベーション管理のコツを学びましょう。

 

モチベーションが下がる2つの原因

 

three-tips-to-increase-motivation-for-work3

 

モチベーションが下がる原因は2つあります

 

原因1「無意味な行動と感じるから」

 

まず1つ目が「無意味な行動と感じるから」です。

 

人は誰しも“意味のある行動”を求めます。

 

昔からそう教育されてきたからでしょう。

 

だから、今やっていることに意味があるかどうかを気にするワケです。

 

ビジネスにおいて“行動の意味”とは稼げているかどうかですね。

 

「稼げてる=価値提供ができている」なので、“意味のある行動”だと理解できます。

 

しかし、行動の結果はあとになってみないとわかりません。

 

だから、心配になってモチベーションが下がるのです。

 

「今やっていることは結果が出るのだろうか?」と行動が無意味になることを恐れます。

 

three-tips-to-increase-motivation-for-work4

 

 

ですが、物販ビジネスはすぐに結果を出しやすい手法です。

 

トレンドブログやアフィリエイトと比べると、キャッシュのまわり方が非常にシンプルだからですね。

 

やっていることが稼ぎにつながっていると実感しやすいでしょう。

 

物販ビジネスの再現性が高いひとつの理由だと言えます。

 

原因2「達成感が少ないから」

 

モチベーションが下がる原因の2つ目が「達成感が少ないから」です。

 

「無意味な行動と感じるから」にも通じますが、人は達成感がないとモチベーションが続きません

 

この場合の達成感とは、ほんの小さなものでもOKです。

 

たとえば、サッカー初心者ならリフティングが100回できれば嬉しいですし、さらに練習しようと思うでしょう。

 

今までの練習が成果につながったからこそ、人は次の目標に向かえるです。

 

もちろん物販ビジネスでも同じで、達成感があるかどうかでモチベーションが変わります。

 

モチベーション管理が上手な人は、このことを理解しています。

 

だから、達成感というニンジンを追いかける環境をつくりこむワケです。

 

モチベーションを上げる3つのコツ

 

three-tips-to-increase-motivation-for-work5

 

では2つの原因を踏まえ、どう突破していけばいいか3つのコツを紹介します。

 

ぜひ普段の生活に取り入れてみてください。

 

コツ1「“質”ではなく“量”を意識する」

 

1つ目のコツは「“質”ではなく“量”を意識する」です。

 

人は達成感をはかるとき“質”か“量”で判断します。

 

たとえば、学校のテスト。

 

three-tips-to-increase-motivation-for-work6

 

 

テストで高得点を取れたか……は“質”で判断しています。

 

一方、どれくらい勉強したか……は“量”で判断していますよね。

 

もしあなたがモチベーションを気にするなら、点数ではなく勉強量に喜びを感じてください。

 

もちろん点数も大切です。

 

ですが、ノウハウが正しければ量に比例して勝手に質が上がります

 

加えて、“量”をモチベーションにすると失敗のリスクが下がります。

 

たまたまケアレスミスをしてしまい点数が悪くても、勉強量を評価軸にすれば落ち込みません。

 

「次頑張ろう!」と切り替えやすいのです。

 

コツ2「“努力量”の数値化」

 

2つ目のコツは「“努力量”の数値化」です。

 

上述の“質”より“量”という話には、ひとつ注意点があります。

 

それは“量”を数値化すべき……というポイントです。

 

多くの人は“質”は数値化するのに“量”はしません。

 

テストの話なら「100時間勉強して100点取れた」なら、100点しか評価しないワケです。

 

この原因は努力を数値化していないからです。

 

だから、あなたが何か努力するとき、その努力を数値化してください。

 

仕入れのために毎日1時間頑張るなら、何かに記録すると効果的です。

 

コツ3「あなたの努力を人前にさらすこと」

 

3つ目のコツは「あなたの努力を人前にさらすこと」です。

 

先ほどお話した“努力量の数値化”は、誰かに見られるとグッと効果がアップします。

 

たとえば、好意を寄せる人の前だと誰でも頑張りますよね。

 

この状況を故意につくることで、モチベーションを落ちなくするワケです。

 

手っ取り早いのがツイッターなどSNSを使うことでしょう。

 

three-tips-to-increase-motivation-for-work7

 

 

目標と達成状況、どれくらい行動しているかを書き込みます。

 

すると、誰かに見られている意識から「やらないと!」という心理が働きモチベーションが上がります

 

勉強するなら、自宅よりも図書館やカフェのほうが効率的な理由と同じですね。

 

とてもカンタンに実践できるので、ぜひ生活に取り入れてください。

 

まとめ

 

three-tips-to-increase-motivation-for-work8

 

今回は「モチベーションをどう上げるか?」について、

 

・モチベーション管理の大切さ

・モチベーションが下がる原因

・モチベーションをあげるコツ

 

の3つのポイントをお話しました。

 

モチベーションを維持する最大のコツは「自分だけの戦いに持っていかないこと」です。

 

物販ビジネス以外でも応用できる考え方なので、ぜひ参考にしてください!

マインドカテゴリの最新記事