【重要】物販副業会社にばれない方法とは?

【重要】物販副業会社にばれない方法とは?

今回は「物販副業が会社バレしないコツ」について、

 

・一番バレやすいパターンとは?

・会社バレしない対策は?

・そのほかのバレるパターンとは?

 

の3つの疑問をしっかり解説していきます。

 

会社の方針で、副業が絶対にバレてはいけない人もいるでしょう。

 

でも、時には“それでもやらなきゃいけないケース”もあるはずです。

 

その事情は人それぞれですが、物販副業を会社にバレさせない方法は“ひとつ”です。

 

ではさっそく、その方法を見ていきましょう!

 

物販副業が会社にバレるありがちな理由

 

what-is-the-method-that-can-not-be-accepted-as-a-sales-company2

 

物販副業があなたの会社にバレる最大の理由は「住民税の通知」です。

 

ご存知のとおり、住民税とは会社の給与から天引きされています。

 

住民税というのは、所得(収入から控除を差し引いたもの)から計算されるもので、その通知は一旦会社に来てしまうのです。

 

もしあなたが物販副業をやっていると、その所得には“副業分”が記載されています。

 

その結果、会社に物販副業がバレてしまうワケですね。

 

ちなみに、住民税は確定申告の額によって計算され、その結果が会社に通知されます。

 

ですので、そもそも確定申告をしなければ“通知”はいきません。

 

ただし、物販副業での所得が20万円を超えるなら、確定申告をしなければ「脱税」です。

 

ですので、物販では年間20万円以下なんてことはありえないため、物販副業がバレると困る方は対策をしておきましょう。

 

会社に“住民税の通知”を行かないようにする方法

 

what-is-the-method-that-can-not-be-accepted-as-a-sales-company3

 

物販副業から増えてしまう住民税分を、あなたの会社に通知されない方法はカンタンです。

 

what-is-the-method-that-can-not-be-accepted-as-a-sales-company4

 

 

確定申告時に、住民税の徴収方法の選択を「自分で納付」にチェックを入れるだけです。

 

こうしておくことで、「給与以外の所得に係る住民税の徴収」が会社には行かずに、自宅に通知が来るようになります。

 

ここでひとつ注意しておきたいのが、“給与をもらうタイプの副業”では上記の方法が使えないという点です。

 

たとえば、仕事後にコンビニでの深夜バイトをしている方がこのケースに当てはまりますね。

 

ただ、今回は物販副業ということで、このケースには当てはまりませんので安心してください。

 

もし、深夜のコンビニバイトなどの副業をしつつ、物販副業もやるという方は、確定申告の方法によってはバレてしまうので気をつけてください。

 

他にもある!?物販副業が会社にバレる理由

 

what-is-the-method-that-can-not-be-accepted-as-a-sales-company5

 

副業物販が会社にバレれる原因は他にも2つあります。

 

1つ目が「会社内での会話」です。

 

社内での副業仲間との会話が、何かしらの経路で上司にバレてしまうパターンがありがちでしょう。

 

社内では一切副業のことを話さないか、話すとしても会社から離れた飲み屋など、徹底しておきたいところです。

 

会社によっては、罰則が厳し目のところもあるようなので、念には念を入れてください。

 

何より副業のせいで本業に悪影響を及ぼすと、どちらのやる気も削がれてしまいます。

 

原因の2つ目が「SNSなどのネット検索から」です。

 

what-is-the-method-that-can-not-be-accepted-as-a-sales-company6

 

 

特に、匿名性の低い“Facebook”での情報発信は気をつけてください。

 

会社バレのあるあるパターンです。

 

もし、物販副業のモチベーション管理の一環として、SNSをやるなら匿名性の高いものがおすすめです。

 

もしくは、無料ブログなどのサービスでの日記形式もありだと思います。

 

物販副業が会社にバレたときの“リスク”は確認しておこう

 

what-is-the-method-that-can-not-be-accepted-as-a-sales-company7

 

あなたが会社に内緒で物販副業をするなら、必ずそのリスクを確認しておきましょう。

 

具体的には、社内規則や社内での過去の事例を見てみます。

 

会社によっては過去の事例があるでしょうし、副業が絶対にダメなところなら、その旨を規則に明記しているはずです。

 

そこで得た情報から、リスクの大きさを予測しましょう。

 

たとえば、最悪のケースが懲戒免職なら、物販副業を踏みとどまる勇気が必要かもしれません。

 

とはいっても、そのような会社は少ないはずで、ほとんどが「禁止」と書いているだけだと思います。

 

そうなると、過去に副業で慣れた人の事例を探すしかありません。

 

逆に言えば、その事例が噂レベルでもゼロの会社なら、そもそもバレない(経理がそこまでみていない)可能性が高まります。

 

そうなれば、あなたが上記に述べたバレない工夫をすれば、大抵のケースでは大丈夫でしょう。

 

リスクとリターンを意識して副業をしよう!

 

what-is-the-method-that-can-not-be-accepted-as-a-sales-company8

 

物販副業に限りませんが、何かリターンを得ようとするときは、リスクと“天秤にかけるクセ”をつけておいてください。

 

リターンとリスクのバランスはとても大切だからです。

 

ですので、あなたが物販副業にチャレンジする意味や、そこから得られる報酬、そこで発生するリスクは常に意識しておく必要があります。

 

結論からいうと、物販副業はさまざまな投資と比べて、リスクとリターンのバランスが抜群に良いです。

 

物には「価値が変動しづらい」という性質があるからですね。

 

物というのは“多少の変動”があっても、急に半減することはほとんどありません。

 

仮想通貨などの投資商品と比べると、明らかですよね。

 

だから、あなたが管理するべきリスクは「会社にバレないか?」だけで済むのです。

 

このリスクも、上記の方法を使えばほぼゼロにできますよね。

 

結果として、リターンを確保しつつ、リスクをかなり抑え込めるようになるワケです。

 

まとめ

 

what-is-the-method-that-can-not-be-accepted-as-a-sales-company9

 

今回は「物販副業が会社にバレないためには?」について、

 

・一番のバレる原因“住民税の通知”

・“住民税の通知”で会社バレしない方法

・その他の会社バレのパターン

 

の3つのポイントをお話しました。

 

物販副業の会社バレは、かなりカンタンに防ぐことができます。

 

このやり方を用いて、ぜひプラスアルファの収入を増やしましょう!

税金カテゴリの最新記事