AmazonFBA納品時のルールとは?

AmazonFBA納品時のルールとは?

今回は「AmazonFBA納品時重量超過」というFBA納品時のルールについて見ていきましょう。

 

このルールには大きく分けて「重量」「サイズ」という2点の制約があります。

 

どちらもルールの範囲を越えてFBA納品してしまうと、受領されないという痛手を受けることになります。

 

時間もお金も無駄になり、ひとつも良いことがないので制約の内容は暗記してください!

 

FBA納品の3つのルール

 

what-is-the-rule-when-amazon-fba-is-delivered2

 

 

AmazonFBAの納品時には、

 

① 重量(輸送箱)のルール

② 大きさ(商品)のルール

③ 大きさ(輸送箱)のルール

 

という守るべき3つのルールがあります。

 

このルールを破ると、FBAの受領が承認されず、とても面倒なことになるので気をつけましょう。

 

具体的には、送ったダンボールごと返送されてきます。

 

この処置は無慈悲で「え…こんなので返送してくるの?」というケースすらあります。

 

また、嫌がらせのように高い送料で返送してくることもあり、予想外の出費が発生するかもしれません。(※ 返送料は出品者の負担)

 

このFBAでの受領拒否は私たちの凡ミスがほとんどです。

 

無駄な出費をなくすため、ぜひルールを丸暗記して凡ミスをなくしましょう!

 

①重量(輸送箱)のルール

 

what-is-the-rule-when-amazon-fba-is-delivered3

 

AmazonFBA納品時の重量のルールは「30kg以内」と覚えておいてください。

 

ダンボールを持って、腰に不安を感じるレベルなら30kgをオーバーしている可能性があります。

 

絶対に体重計などを使って、30kg以内に収まっているかチェックしましょう。

 

また30kgルールほど厳しくありませんが、15kgをオーバーしたとき「重量超過」をダンボールに明記してください、という決まりがあります。

 

「重量超過」はできればシール(手書きは望ましくない)、そして「(Amazon向け)」などの表記をつけておくと完璧です。

 

what-is-the-rule-when-amazon-fba-is-delivered4

 

これはヤマトなどの配送業者への配慮です。

 

例えば、郵送だと「重量超過シール=30kgオーバー」だと思われてしまい、契約プランによっては配送拒否の原因になります。

 

無駄なトラブルを避けるため、重量超過シールに(Amazon向け)と加えることを覚えておきましょう。

 

②大きさ(商品)のルール

 

what-is-the-rule-when-amazon-fba-is-delivered5

 

商品のサイズのルールは以下のようになっています。

 

小型サイズ商品:3辺が25×18×2センチ未満

標準サイズ商品:3辺が45×35×20センチ未満

大型サイズ商品:3辺が45×35×20センチ以上(商品3辺の合計が170センチ未満)

特殊大型サイズ商品:3辺の合計が170〜2200センチ(一辺が90cm未満)

 

what-is-the-rule-when-amazon-fba-is-delivered6

 

小型・標準サイズについては特に問題はおきないでしょう。そのまま納品してください。

 

気をつけたいのが、大型・特殊大型サイズの2つです。

 

大型サイズ商品は商品あたりの45×35×20センチ以上かつ3辺の合計が170センチ未満、特殊大型サイズ商品は3辺の合計が170〜200センチというルールがあります。

 

このルールで定められたサイズを少しでも越えた場合、あなたの元に着払いでダンボールごと返ってくるのです。

 

また、特殊大型サイズはFBA手数料がとても高いものとなっています。

 

ですので「大型サイズを越えたけど、特殊大型サイズでFBAに納品すればいいや」という安易な考えはオススメしません。

 

基本的には、特殊大型サイズ商品という枠はないものだと思っておきましょう。

 

③大きさ(輸送箱)のルール

 

what-is-the-rule-when-amazon-fba-is-delivered7

 

大きさ(輸送箱)のルールは商品サイズとは違い、シンプルなルールとなっています。

 

「3辺が50x60x50センチより小さい」というのが輸送箱のサイズのルールです。

 

what-is-the-rule-when-amazon-fba-is-delivered8

 

気をつけたいポイントは「55x50x50センチ」のように、1辺でもサイズオーバーしていたらアウトということです。

 

とは言っても、受領する側も人なので1センチだけオーバーしたなどのケースは見逃してくれることもあるでしょう。

 

また、メーカー専用輸送箱についてはこのルールを無視していいと決まっています。

 

例えば、商品10個がメーカー専用箱に入っていて、そのサイズが「70x60x50センチ」でもFBA倉庫ではちゃんと受領されます。

 

その他FBAへ納品するときの注意点

 

what-is-the-rule-when-amazon-fba-is-delivered9

 

最後にFBA納品でやってしまいがちな、

 

・緩衝材

・輸送箱の改造

 

の2点について見ていきましょう!

 

【緩衝材】

 

what-is-the-rule-when-amazon-fba-is-delivered10

 

ダンボールに隙間ができすぎないように緩衝材を使いましょう。

 

ただし、使用できる緩衝材はクッション、エアキャップ、紙のみです。

 

ラップ、シュレッダー済みペーパーの使用は禁止されているので気をつけましょう。

 

【輸送箱は改造禁止】

what-is-the-rule-when-amazon-fba-is-delivered11

FBAへ納品するときに使うダンボールは改造してはいけません。

 

具体的には「2つのダンボールをつなげて使う」「1つのダンボールを潰して小さくする」などの改造は、FBAで受領されません。

 

まとめ

what-is-the-rule-when-amazon-fba-is-delivered12

 

今回は「AmazonFBA納品時重量超過」について、

 

・重量(輸送箱)のルール

・大きさ(商品)のルール

・大きさ(輸送箱)のルール

 

の3つのルールを見ていきました。

 

このルールは忘れたころにやってしまいがちなミスです。

 

転売に慣れてきたときに忘れないよう、配送時にチェックする癖を早いうちから付けておきましょう!

Amazonカテゴリの最新記事