メルカリ受取評価してくれない場合の対処法!

メルカリ受取評価してくれない場合の対処法!

今回は「メルカリで評価されないケース」について、

 

・評価されないと何が困るのか?

・評価されない3つのケース

・運営への評価依頼方法

 

の3つのポイントを解説していきます。

 

メルカリに限らず、ネットフリマでは初心者さんも多いので、まれに評価されないことがあります。

 

あなたが買い手なら問題は少ないですが、売り手なら困ることだらけでしょう。

 

そんなときは、今回話すトラブルの解決法を実践してみてください!

 

メルカリで評価してくれないと何が困るか?

 

What to do if you do not evaluate Mercari received!2

 

メルカリでは、お互いが評価をした段階で「取引完了」となります。

 

これは、評価しなければ“購入代金”が支払われないことを意味します。

 

販売者にとっては面倒ですが、購入者の安全な買い物のためには優秀なシステムでしょう。

 

なぜなら、不良品や偽物が送られてきたときに、支払いをせずに返品交渉ができるからです。

 

具体的には、運営に連絡さえすれば、無償の返品返金がされることになります。

 

これは購入者にはとても便利で安全な方法で、「エクスクロー」と呼ばれる取引方法ですね。

 

ただし、この方法のデメリットとして、評価がされないと“売上金が回収できない”といったケースが発生します。

 

つまり、メルカリでは評価されないと、せっかく売ったモノに対する支払いが遅れるのです。

 

数万円のモノもありますので、けっこう困りますよね?

 

ですので、メルカリで評価がされないパターンとその対処方法について、一度学んでおきましょう。

 

メルカリで評価をしてくれない3つのパターン

 

What to do if you do not evaluate Mercari received!3

 

メルカリで評価をしてくれないパターンは3つあります。

 

1つ目が「その人が完全に忘れている」といったケースです。

 

この場合は、メッセージにて一言加えれば解決します。

 

「お忙しいところすみません。お取引を完了させたいので評価をお願いいたします。」など、なるべく穏便な内容のメッセージを送りましょう。

 

2つ目が「トラブルがあった場合」です。

 

メルカリでは、取引にトラブルがあるとき、評価をせずに保留することが推奨されています。

 

これは「評価=売上金の受け渡し」となってしまうことが要因でしょう。

 

実際に、メルカリでのトラブルは売上金移行後でなければ、運営が積極的にヘルプしてくれます。

 

ですので、相手が評価してくれないケースは、トラブルの可能性を考えておいてください。

 

ただ、その場合は「運営」か「取引相手」から連絡がくるので、それを待ちましょう。

 

逆に、あなたがメルカリでトラブルに巻き込まれたときは、評価をせずに運営か相手に連絡をしてください。

 

そのほうが、評価後(売上金移行後)よりも数倍早く処理されます。

 

一番よくある評価してくれないパターン

 

What to do if you do not evaluate Mercari received!4

 

評価をしてくれないパターンの3つ目が、「そもそもシステムを理解していない」ケースです。

 

メルカリでの経験を積むと、必ず遭遇する面倒なパターンですね。

 

これは“相手を評価しなければいけない”といった、メルカリのルールを知らない人とで起こります。

 

この面倒なケースでも、メッセージでその旨を“優しく”伝えてください。

 

コツとしては、

 

「取引に問題がなければ“良評価”を付けてもらえると嬉しいです。お待ちしております。」

 

「一般的に、滞りなく取引が済んだらお互い“良評価”を付けます。ぜひ、お願いします。」

 

などのメッセージが無難でしょう。

 

相手が若い方なら、顔文字を付けておくとさらに良いと思います。

 

ちなみにネットの超初心者だと、良い取引なのに“謎の普通評価”をもらうケースがあります。

 

これは普通評価がどれだけマイナスイメージなのか、をまったくわかっていない人にありがちですね。

 

もし、あまりにも理不尽な評価をもらった場合、運営に報告すれば評価の見直しがされることもあります。

 

その場合は、お互い(販売者と購入者)の合意が必要です。

 

なんとかして、相手に「間違えて普通評価を付けてしまったので、良評価にしてほしい」との文言を引き出しましょう。

 

かなり面倒なケースですが、メルカリでは普通評価がマイナスイメージですので、頑張って覆す価値はあるでしょう。

 

メッセージでも相手がまったく反応しないとき

 

What to do if you do not evaluate Mercari received!5

 

まれにどれだけメッセージを送っても、まったく反応がないケースがあります。

 

そのような人に当たってしまったとき、解決策は「時間が過ぎるのを待つ」だけです。

 

なぜなら、メルカリには一定時間が経過したのち、自動的に評価されるシステムがあるからです。

 

評価というよりは、売上金の移行が完了されるという意味ですね。

 

What to do if you do not evaluate Mercari received!6

 

 

そのリミットは取引画面に「◯月◯日◯時までに評価またはメッセージがなければ、評価を運営事務局に依頼できます。」と書かれているので、この日まで待ちましょう。

 

具体的には「発送通知をした9日後の13時」です。

 

取引額が大きいものだと、キャッシュフローが悪化しますが、基本的にはこの日までは対応してくれません。

 

ケースによってはしてくれますが、基本的にはしてくれないと思ってください。

 

大量のトラブルに対応しているので仕方ありませんが、メルカリの悪い点でもあります。

 

ちなみに、中には自動で評価を完了してくれないモノ(価格やカテゴリによる?)もあります。

 

そのケースだと、専用フォームから運営へ連絡しなければいけません。

 

What to do if you do not evaluate Mercari received!7

 

・発送通知をした8日後13時以降

・購入者の最後の取引メッセージから3日後13時以降

 

の2点を満たしたときにフォームが現れます。

 

どのみちかなり遅いですね。

 

キャッシュフロー的には困りますが、売上金は回収できるので安心です。

 

評価依頼フォームが出てこないケース

 

What to do if you do not evaluate Mercari received!8

 

まれに評価依頼フォームが出てこないケースがあるようです。

 

この場合は、

 

What to do if you do not evaluate Mercari received!9

 

 

まず、サイドメニューから「お問い合わせ」をタップしてください。

 

What to do if you do not evaluate Mercari received!10

 

 

「お問い合わせの前に」に移動するので、「お問い合わせ項目を選ぶ」をタップします。

 

What to do if you do not evaluate Mercari received!11

 

 

「取引中の商品について」をタップして、トラブルに巻き込まれている取引を選び、そこから運営へ問い合わせをしましょう。

 

まとめ

 

What to do if you do not evaluate Mercari received!12

 

今回は「メルカリで評価してくれない場合」について、

 

・メルカリで評価してくれないケース

・評価してくれないときの対処法

・解決しないときは問い合わせよう

 

の3つのポイントをお話しました。

 

メルカリでは、評価完了をもって売上金の移行がされるため、評価の遅延がキャッシュフローの悪化につながります。

 

とはいえ、確率としてはそこまで高くないケースですので、基本的にはすぐに評価してくれる人がほとんどです。

 

まれに出会ってしまう、“評価してくれない人”には、今回学んだ方法で対処してください。

フリマカテゴリの最新記事