【CC便停止】今後の配送業者は?

【CC便停止】今後の配送業者は?

今回は「CC便停止(終了)」について、

 

・そもそもCC便とは何か?

・CC便停止(終了)関連のトラブル

・CC便の代わりにどこを使えばいいか?

 

の3つのポイントをわかりやすく解説していきます。

 

AmazonFBAへの納品費用は、利益をベースアップするもっともカンタンな方法です。

 

ぜひ怠らず、バッチリ良いサービスを選んでください!

 

とても便利だった!CC便とは何か?

 

Which shipping companies are there for the future?2

 

CC便とはAmazonFBA倉庫に納品するとき、とっても便利だった配送サービスです。

 

“だった”とあるように、今となっては過去のサービスですね。

 

数年続いていたサービスですが、2018年6月をもって停止(終了)しています。

 

運営していた会社は『Creative Adventure Network』で、代表者は阪口勝元氏、所在地は埼玉県です。

 

今現在、CC便のホームページはつながらず、会社のホームページは別のページに飛ばされます。

 

CC便のネーミングは「コストカット」から来ていて、その名の通りとても安いサービスで有名でした。

 

AmazonFBAへダンボールを納品しているセラーなら、その名を知らない人はいないほどです。

 

運送業は確実に価格勝負になるので、やはり経営が難しいのでしょうね。

 

CC便が終了した理由は?

 

Which shipping companies are there for the future?3

 

このCC便が終了した理由は、おそらく「経営方針が悪かったから」でしょう。

 

Which shipping companies are there for the future?4

 

 

価格表を見るとわかりますが、CC便は安いです。

 

なぜこの価格で経営が成立するのか、不思議なくらいでした。

 

通常の配送業者なら、東京から大阪へ160サイズのダンボールを送るとき、1000円以上取られます。

 

1000円を下回るのは、60〜80サイズくらいです。

 

ですが、FBA納品ではこのサイズの利用率が低いでしょう。

 

なぜなら、まとめて倉庫に送るとコストが下がるからですね。

 

もしかすると、CC便の運営会社はこの点を見誤ったのかもしれません。

 

「160サイズが70%、80サイズが30%なら利益が出るな。」

 

こう思っていたのかもしれませんね。

 

しかし、Amazonのセラーは勉強熱心な人が多く、特にコストに関しては徹底的に調べます。

 

CC便の安いサービスだけを利用されて、運営会社が儲けやすい60〜80サイズの利用が低かったのでしょう。

 

利用者(FBA倉庫へ納品する人)が、コストを抑えることに長けているのは間違いありません。

 

これをされると会社として利益を出せないので、サービス停止(終了)につながるワケです。

 

あくまで予想ですが、おおむね当たっているでしょう。

 

CC便の返金トラブルとは?詐欺もあった!?

 

Which shipping companies are there for the future?5

 

実はCC便のサービス停止(終了)にあたって、“返金トラブル”や“詐欺まがいの案件”がありました。

 

“返金トラブル”とは、CC便のサービスを受けるために払ったお金が戻ってこないトラブルです。

 

これは一部では返金がありましたが、果たしてすべて返金されたのでしょうか。

 

被害に遭われた方は本当にアンラッキーですし、早急に解決されればと願います。

 

また、“詐欺まがいの案件”とは有名な話で、CC便チケットについてです。

 

Which shipping companies are there for the future?6

 

 

これは、まとめてチケットを買うと安くなりますよ!というものです。

 

喫茶店やファストフード店などのコーヒーチケット的なものですね。

 

御察しのとおり、サービス終了前にこれが販売され、その未使用分の返金が大問題になったワケです。

 

さらに、このチケットを「みんなで大量購入し、山分けしよう!」と企画した人もおり、大惨事になったのは言うまでもありません。

 

その方がCC便のまわし者でなければ、同じく被害者です。

 

ですので、ある意味もっともアンラッキーな人かもしれません。

 

ちなみに上記画像の方が、詐欺をやったという意味ではありません。

 

このように、CC便のサービス停止(終了)には、さまざまなトラブルが発生しました。

 

CC便の代わりに使うべき配送方法

 

Which shipping companies are there for the future?7

 

AmazonFBA倉庫への納品方法はメジャーどころだと、

 

・ヤマト運輸

・佐川急便

・日本郵便

 

の3社があります。

 

Which shipping companies are there for the future?8

 

 

結論から言うと、この中でCC便の代わりに使うべきは「ヤマト運輸」です。

 

理由は少しだけ安くなるからですね。

 

たとえば、この3社の「東京から大阪への配送料」は、160サイズが約2100円とドングリの背比べになっています。

 

ただし、ヤマト運輸だけはここから10〜15%の割引が適用できます。

 

方法は簡単で、ヤマト用のプリペイドカードを購入するだけです。

 

皮肉にも先ほどのトラブルの原因と同じく、前払い方式ですがヤマトなら安心です。

 

さすがに潰れませんし、前払いぶんが無駄になることはありえません。

 

Amazon転売をやるなら、FBA納品費用は必須のランニングコストです。

 

ですから、ヤマトのプリペイドカードを買うのは抵抗が少なく、むしろ良い投資だと思います。

 

また、ヤマト運輸には「ヤマト便」という“容積換算重量法”という配送手段もあります。

 

カンタンに言うと、ダンボール体積を無理やりkgになおし、そこで出した“数値”で配送料を決める方法です。

 

だいたい3箱以上まとめると安くなるので、転売事業が波にノッてきたら利用を検討してください。

 

その他、地元密着の運送会社もありますので、そこは各自で情報を仕入れましょう。

 

まとめ

 

Which shipping companies are there for the future?9

 

今回は「CC便停止(終了)」について、

 

・CC便とは何か

・CC便停止(終了)関連のトラブル

・CC便の代わりに使うべき配送業者

 

の3つのポイントをお話しました。

 

Amazon転売をやる限り、FBAへの納品は避けられません。

 

ですので、そのランニングコストをいかに抑えるか?は常に模索してください。

 

年間だとかなりの節約になり、仕入れ以上のパワーを発揮することもあります。

物販カテゴリの最新記事